グルメ

「テムジン」色を残しつつも、オリジナルに展開

2015年02月07日 10:00 by 木下 貴子

警固四つ角の交差点近くの餃子「テムジン 警固店」がなくなり、次にどんな店が出来るのだろう…と思っていた矢先のこと。1月に新たなる店舗が登場、しかもまたまた餃子の店です。看板の違いでずいぶん外観の印象は変わりましたが、内装は「テムジン」のまま。そしてメニューも……「テムジン」時代とほとんど変わりません。実は店主の赤崎雅彦さんは、ここの前身「テムジン 警固店」で13年間スタッフとして働いていました。新しく自分の店にした時に、「長年この場所に来ていただいていた常連さんのためにもメニューは据え置きました」と話します。「テムジン」は各店舗個々で経営する独立系の店で、警固店も独自でメニューを展開していたその色を往年のファンのために残したといいます。

しかし名前も一新したからには、さらなるオリジナルを目指しています。看板の餃子は野菜たっぷりかつ牛肉100%のタネを使い、皮も手ごねでしっかり練って作る完全自家製に。また、「タイチキン」や「骨付きカルビステーキソース」など、新メニューも常に考案されています。ちなみに店名の『アッカン』は赤崎さんのニックネーム。新店舗とはいえ、13年間この場でやってきた赤崎さんのこなれた接客は、居心地のよさも提供してくれます。


【1】野菜の甘みと牛肉の旨みがジュワっと広がる「焼き餃子」(10個450円)。ぺろりと食べられる軽さで、2人で50〜60個注文する客も珍しくないとか。
【2】カウンターもありお一人さまから、カップル、大人数のグループ、家族連れまで、老若男女問わず利用できるオールマイティな店。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多一口餃子 アッカン

住所 福岡市中央区大名1丁目5−5 ライズビル1F
TEL 092-713-7998
営業時間 17:00〜24:00 金土祝前日:17:00〜翌1:00
定休日 不定
PAGE TOP