イベント | アート

世界を魅了し続ける浮世絵師の人気に迫る!【北斎展 〜師と弟子たち〜】

※このイベントは2015年2月15日(日)をもって終了しました。

2015年01月06日 18:00 by JUN

広重、歌麿、写楽などと並び、江戸時代の後期に活躍した浮世絵の巨匠・葛飾北斎の展覧会が福岡アジア美術館で開催中です。

北斎は、波瀾万丈な90年の人生の中で膨大な数の作品を世に遺したことでも知られており、そのダイナミックで独創的な画風は、後世の絵師達に多大な影響を与えました。

また、北斎は海外においても知名度が高く、そのきっかけとなったのは、輸出用陶器の包み紙に使われた「北斎漫画」と云われています。これによりジャポニスム・ブームが巻き起こり、北斎の名は瞬く間にヨーロッパで大評判となりました。

本展は、葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をはじめ、「忠臣蔵」「東海道五十三次」といったシリーズものから、役者絵、妖怪絵のほか、西洋の技術である銅版画に感銘を受けたことにより生まれた洋風画、貴重な肉筆画などの作品を通じて、北斎芸術の全貌を紹介するものです。

北斎の作品以外にも、彼から影響を受けた弟子たちの作品を展示。また、なぜ北斎が海外で高く評価されたのかを多角的に検証するために、「北斎漫画」や、北斎の影響を強く受けたと云われるフランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」も展示されます。

自らを“画狂人”と称した北斎の人気に迫る、約190点の作品群。人を虜にしてやまない圧倒的な魅力を、本展で再発見できることでしょう。


【関連イベント】
☆講師:中右 瑛 氏(国際浮世絵学会常任委理事)

《講演会》「北斎 波瀾万丈90年の生涯」
開催場所:あじびホール(福岡アジア美術館8F あじびホール)
日時:2015年1月11日(日)14:00〜15:30
※10:00より会場入口で整理券を配布(先着100名様)
※入場券の提示が必要

《ギャラリートーク》
開催場所:会場内にて
日時:2015年1月12日(月・祝)11:00〜11:30
※入場券の提示が必要
 


【1】©冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏/葛飾北斎
【2】©冨嶽三十六景 凱風快晴/葛飾北斎

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

北斎展 〜師と弟子たち〜EVENT

期間 ~2015年2月15日(日)
●会場:福岡アジア美術館 7F 企画ギャラリー

●開館時間:10:00〜20:00(入館は19:30まで。最終日は18:00閉館)

●休館日:水曜日

 ※但し2月11日(水・祝)は開館、翌12日が休館

●料金:《一般》1,200(1,000)円、《高大生》800(600)円、《小中生》500(300)円

※( )内は20人以上の団体、福岡市発行のシルバー手帳および北九州市発行の年長者施設利用証提示者の料金

※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の提示者およびその介護者は無料



《チケット発売場所》※当日料金にて販売中

・チケットぴあ(Pコード:766-479)

・ローソンチケット(Lコード:89816)

・セブンチケット(セブンコード:034-225)

ほか主要プレイガイドにて発売



●公式URL:http://k-hokusai-fukuoka.com/
PAGE TOP