グルメ | 新店舗オープン

前菜から天ぷら、握りまで、地物の魚をカウンターで楽しめる

2019年09月13日 12:00 by 江月義憲

9月9日、大名の中央区役所裏手に『天ぷら たかだ』がグランドオープンしました。大将の高田祐二さんは、海外でも働いた経験のある元寿司職人。さらに天ぷらの技術も身につけ、長い準備期間を経てカウンター8席の天ぷら店を開きました。
メニューは10,800円の「おまかせコース」のみ。18時の開店から一斉スタートなので、予約は必須です。料理は5〜6品の前菜から始まり、写真はその一例で「甘エビの冷製燻製とキャビア」。和食に合うお酒といえば日本酒かワインですが、ワインは国産の白のみを厳選。料理に合わせてセレクトした白ワイン4種・日本酒1種のペアリングセット(4,320円)がおすすめです。


天ぷらは、天然ものの地魚と朝採れの野菜を中心に8〜9品。太白胡麻油に白絞油、菜種油を独自配合した油で、次々と揚げてくれます。味付けは素材に合わせて、天つゆか昆布の香りを付けた煎り塩、塩麹の3種類をお好みでどうぞ。


写真は上から玄海産の車エビ、対馬産の穴子、レンコンなど。絶妙な火通しでカラリと揚げた天ぷらは、なるほど爽やかな国産白ワインと相性がぴったりです。


そして、この店ならではのお楽しみが〆の握り寿司。天ぷらと同じく旬の食材を使い、熟練の寿司職人の高田さんが握ってくれる5貫ですっかり満足することができます。


赤酢のシャリを使った小ぶりな握り。写真は左から大トロ、カマスの炙り、車エビ、煮ホタテ、赤ウニ。


ワインは、天ぷら、寿司に合う国産の白のみをセレクト。宮崎県の都農ワインや大分県の安心院ワインなど、近年国際的にも評価の高いワインをグラスは864円〜、ボトルは4,320円〜で提供しています。


蕎麦屋や天ぷら屋で料理をつまみながら酒を飲むのは江戸前の粋な流儀でしたが、最近は福岡でもそんな店が増えてきたのは嬉しい限りです。居酒屋や焼鳥屋とはひと味違った、大人の飲み方を楽しんでみませんか。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

天ぷら たかだ

住所 福岡市中央区大名2丁目2-57 藤和サンコープ1F
TEL 092-771-2022
営業時間 18:00〜22:00
定休日 日曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP