舞台

4年半ぶりの博多座で片岡愛之助が『鯉つかみ』で一人十役に挑む!共演に尾上松也、中村壱太郎らの若手も

※このイベントは2019年3月24日(日)をもって終了しました。
※この情報は2019年2月14日(木)時点のものです。情報が変更になる場合があります。ご了承ください。

2019年02月14日 21:00 by 筒井あや

博多座の三月花形歌舞伎に、4年半ぶりとなる片岡愛之助が登場!演目は、片岡愛之助がライフワークとして続けている『鯉つかみ』。今回の博多座公演では、これまでの通し狂言に一場面を追加して、より解りやすくなった。また、一人十役を演じ、宙乗りや本水の立ち回り(本物の水を使用した演出)など、歌舞伎の醍醐味が詰まった作品になっている。博多座での公演について、また本作の見どころなどを語ってくれた。

——博多座には4年半ぶりの登場ですが、通し狂言の「鯉つかみ」を選ばれた理由は?

片岡愛之助:歌舞伎の演目は、ひとつの長い物語の中の一場面だけをやることがあります。以前博多座でやらせて頂いた『鯉つかみ』は、まさにそれでした。ですが、やはり物語は続けて観た方が解りやすいと思っています。初めて歌舞伎をご覧になる方にも、わかりやすいようにと通し狂言にしました。

——『鯉つかみ』の見どころはどんなところでしょう?

片岡愛之助:歌舞伎の醍醐味が全て詰まっていると言っても過言ではない作品になっています。ケレン味や早替わり、宙乗りなどもそうですが、物語も人間関係や人の心情が色濃く描かれている歌舞伎らしい作品です。台詞も比較的、解りやすい台詞回しになっていますので、構えず普通に楽しんで頂けると思います。

——一人十役を演じられます。ご苦労はありますか?

片岡愛之助:早替わりって僕が苦労するのではなくて、周りの方が苦労しているんです。僕は速く走るだけですね。引っ込んだら次の出没する地点にいかに早く行くかが仕事(笑)。だからこそスタッフさんとの信頼関係がないと出来ないし、スタッフさんの方が大変だと思います。

——オススメの観劇方法がありますか?

片岡愛之助:願わくばイヤホンガイド(上演作品について解りやすく説明する音声ガイド)などを借りていただければ(笑)。もちろん無くても解りますが、歌舞伎の豆知識などを所々に挟んで説明してくれますし、あればなお良し、ですね。それで、2度目は、イヤホンガイドを無しで観て頂くと、より深く解ると思います。

——尾上松也さん、中村壱太郎さんと共演されますが、お二人の印象は?

片岡愛之助:壱ちゃんには、年がら年中一緒といってもいいくらい、いつも相手役をしてくれています。だからいてくれるだけで楽ですし、阿吽の呼吸というか、お互いリラックスして過ごせていますね。芝居もプライベートも(笑)。松也くんは久しぶりなので楽しみにしています。

——久しぶりの博多ですが、博多の印象は?

片岡愛之助:お客様が熱い!というのが第一印象です。過去に出演した舞台では、客席から話しかけられて……そんなことは初めてでしたね。思わず応えてしまいましたが(笑)。でもお芝居の中に参加していただけているようで、本当にうれしかったです。歌舞伎と聞くと構えて観られる方も多いのですが、博多のお客様は参加してくださっている感じがします。僕は役者同士のキャッチボールと役者とお客さんのキャッチボールがあって、芝居が成立していると思っているので、それが実現できる博多座で公演させていただけるのは今からとても楽しみです。ぜひ構えず、気軽に観に来ていただきたいですね!

 

三月花形歌舞伎『鯉つかみ』は、3月3日(日)〜24日(日)まで博多座にて

チケットは好評発売中!

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

三月花形歌舞伎『鯉つかみ』EVENT

会場 博多座
期間 2019年3月3日(日)~2019年3月24日(日)
料金 A席 14,500円、特B席 11,000円、B席 9,000円、C席 5,000円
主催者URL https://www.hakataza.co.jp
※未就学児童入場不可
お問い合わせ 博多座(TEL:092-263-5555)

プレイス情報PLACE

博多座

住所 福岡市博多区下川端町2丁目1
TEL 092-263-5555
URL http://www.hakataza.co.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP