映画トピックス

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』村上虹郎×寛 一 郎インタビュー

2017年09月25日 12:00 by 筒井あや

どんな相談にも真剣に考え答えてくれる雑貨店。そんな「ナミヤ雑貨店」に訪れた、たった一夜の優しい奇蹟。「東野圭吾作品史上最も泣ける感動作」が待望の実写映画化!実力派が集うキャストの中、主演を務めるのは、ドラマ、映画などに精力的に出演し続ける山田涼介。敦也という辛い生い立ちを抱え心に傷を負った青年を静かな熱で演じきった。この主人公・敦也の幼馴染みで行動を共にする翔太と幸平を演じた、若手俳優のホープである村上虹郎、寛 一 郎の二人にインタビュー。

――出来上がった作品を観ての感想はいかがですか?

寛 一 郎:純粋に面白いと思いました。僕らはほとんど3人だけのシーンだったので、他のシーンがどういうものになっているのか知りませんでした。率直な感想は出演されている俳優さんの演技がスゴい!と思ったことと、そこに僕らのシーンが繋がっていたのが、とても嬉しく感じました。俳優としてもそうですが、映画の中でもこんな素敵な人たちと繋がれて本当に嬉しかったです。

村上虹郎:出来上がった作品を観て、こんなシーンあったかな?と思ったところもたくさんありましたが、脚本を読み返したらちゃんと書いてありました(笑)。3人だけのシーンが多かったこともありますが、演じている時は(作品中で)3人の世界での話をしていたので、出来上がって、他のシーンと繋がっているのを観て、改めて僕たちが演じていた役が見えて来た感じもありました。撮影で行った大分県の豊後高田の撮影も思い出したりしていました。

――役作りで難しかった事はありますか?

寛 一 郎:僕は好きにやらせていただきました。この3人は孤児であるというのと、僕はコインロッカーに捨てられていたという設定以外は、設定がなかったので自由に幸平という役を作る事ができたのでラッキーでした。

村上虹郎:その当時、僕が村上龍さんの「コインロッカーベイビーズ」を読んでいたんですよ。そしたら幸平の役がコインロッカーに捨てられた男の子の役だったので、その本を薦めました(笑)。

――3人のシーンがメインでしたが、お互い刺激になったことはありますか?

寛 一 郎:年齢が近い俳優さんといっしょに撮影するのが、この作品が初めてだったので、現場の居方や芝居も含めて全てが刺激的でした。山田くんはすごい集中力で、僕らが気を抜いているところでも、ちゃんと集中しているし、虹郎の現場の居方も知ることができました。虹郎は同じ年ですけど、(俳優としては)先輩ですから、今後自分が現場でどう立ち居振る舞ったらいいのか、ということを考えさせられました。

村上虹郎:山田くんは現場では敦也としているし、監督もスタッフの方も、僕らを役名で呼ぶので、僕ら同士も役名で呼び合ったりしていましたから、現場に入ると自然にその役としてそこに居る事ができました。山田くんの集中を持続させる力というのは、本当にスゴいと思いました。でもすごく楽しい現場でした。僕は、こんなに長い期間同じ作品の撮影をするのが初めてだったのでいい経験をさせていただきました。

――手紙にまつわる印象深い思い出はありますか?

寛 一 郎:僕は、手紙を書いた事がないんです。役では真っ先に手紙を書こうって言うのに幸平も一度も書いた事がない。僕自身も書いた事がないのでそこは役と同じでした(笑)。手紙をいただくことはたくさんあって、母親から誕生日の日に手紙をもらったりするんですけど、それに返事は書かないですね……。メールとかLINEで済ませちゃうんです。
でもこの作品に参加してみて、書きたくなりました。手紙って、書く側ももらう側もすごくパワーがいりますよね。その分気持ちが乗っているので、大変だなと思いますが、母親には書こうと思いました。

村上虹郎:ある人に最近手紙を書きました。手紙を書くのって面倒ですけど、面倒だからいいというのもありますよね。手紙を書く時って、まず文房具屋さんに行って、封筒や便せんを選びますよね。そこにも良さがありますよね。選ぶ便箋や封筒にセンスも出る。18歳の自分の誕生日に、普通だったら親からもおめでとうというメールが来るんですけど、18歳の誕生日だけは、自分から両親にメールをしました。「虹郎って名前を付けてくれてありがとう」と。そしたら親父からは短くてカッコいいメールが来たんですけど、母親からは長い、まるで詩のような返事が来ました(笑)。

 

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日(土)より全国ロードショー。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP