グルメ | 新店舗オープン

豚骨醤油ラーメンとちょい飲みの店が薬院の路地裏に開業

2017年09月11日 08:00 by 山田 祐一郎

今も昔も福岡といえばイコール豚骨ラーメンという聖地。ただ、最近では事情も少々変わっていて、醤油や塩、味噌といったスープのラーメンを提供している店も随分と増えています。
豚骨ラーメンの提供店においても変化の兆しがあり、例えば豚骨ラーメンと並べてチャンポンを二枚看板に据える店があったり、立ち飲みスタイルを取り入れた店があったり、王道の味にも多様な楽しみ方が広がりつつあります。


そんな中、福岡ではそれほど提供店が多くない豚骨醤油ラーメンをウリとする店が、8月11日(金)、薬院の路地裏にオープンしました。「らーめん酒場 八十一(やそいち)」は、その名が示す通り、昼は豚骨醤油のラーメン、そして夜はラーメンメニューに気の利いた酒の肴が加わり、酒場として営業します。


ランチタイムは12:00〜16:00と長めに設けてあり、ちょっとお昼時の食事を逃してしまった人にも嬉しい限り。ラーメンの単品でも注文可能ですが、お値打ち価格のお得なセットが目を引きます。白ご飯のほか、卵かけご飯、チャーシューご飯、ハーフサイズのチャーハンなどを組み合わせられます。


豚骨醤油ラーメンは、店主が本場横浜の家系ラーメンに影響を受け、アレンジしたもの。スープは豚骨を強火でしっかりと炊き込んだ出汁に、味わいにパンチを添える程よい脂っ気が添えられ、濃度は高め。ただ、合わせる醤油ダレの効かせ具合によって、単純なる濃厚系とは言わせないキレを演出します。この醤油のまろやかな旨味が一度食べるとヤミツキに。

そして本場では常識とされる海苔の楽しみ方もポイントの一つ。写真ではあまりのお得ぶりについついチャーシューご飯をチョイスしていますが、海苔に脂っ気をまとわせ、白ご飯の部分にくるりと巻いて頬張るという至福のスタイルはぜひとも一度試してみてほしい味わい方です。


店内はテーブル席がメイン。団体でも気兼ねなく食事できます。カウンターも用意してあるので、お一人様でも安心です。


夜はおつまみが400円台から揃います。おつまみの一品ものについてはその時々の季節に応じて旬を交えながら、変化していくそうです。写真上はその一例です。アルコールはビールからカクテル、ワイン、焼酎など一通り取り揃えてあるため、酒肴においても和洋中問わないラインナップですよ。
また、ラーメンのほか、油そばも評判です。こちらは麺の味をストレートに楽しむことができます。

豚骨醤油ラーメンを軸においたラーメン酒場は福岡でも貴重な存在。今後が楽しみです。
 

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

らーめん酒場 八十一

住所 福岡市中央区薬院4丁目3-12
TEL 092-523-8080
営業時間 12:00〜翌5:00
定休日 不定
PAGE TOP