舞台

ヨーロッパ企画新作公演は、フランス・パリが舞台の“だまし絵”コメディー

2017年08月31日 12:00 by 筒井あや

京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画の新作公演「出てこようとしているトロンプルイユ」を行うにあたり、メンバーがキャンペーンで来福してくれました!

前作「来てけつかるべき新世界」で、演劇界の芥川賞とも言える第61回岸田國士戯曲賞を受賞。本作は受賞後初の新作公演となる。

本作について劇団主宰で、作・演出を手掛ける上田誠は

「前回公演が、大阪・新世界を舞台にした作品で、今回は、フランス・パリの話です(笑)。トロンプルイユとは騙し絵のことなんですけど、チラシに書いているだまし絵が今回の劇の雰囲気にも近いかもしれません。
僕らはずっと企画性コメディーというのをテーマにやってきて、例えば迷路コメディやゲイトコメディ、文房具コメディー、 文房具コメディーくらいまでは、企画性が劇の中心にあるという珍しい構造の劇をやっていました。それをやることで、今まで描けなかったようなお芝居が作れるんじゃないかということでやってきました。『来てけつかるべき新世界』では、少し新しいところにでたいと思い、企画性コメディーでありながら、物語の世界観や具体性、ディテールを伴った芝居の世界観もきちんと存在するというものを、いっしょにした作品が作れるんじゃないかと思ってやってみたのが前回公演でした。
新世界という具体性とローカリティのある場所を選んで、そこの息づかいをfieldアップして作ったんです。それをやりながら、企画性としては、人間とテクノロジーのガジェットを企画性に持ちながら、新世界のおっさんたちをみんなが演じるということをやったところ、新しい手応えを感じたので、今回も“だまし絵”という企画性を含んだ、1900年代のフランス・パリの美術界や画壇を舞台に物語を作っていこうと思っています。
稽古がこれからなので、どんな感じの作品になっていくかは、観てのお楽しみ(笑)という感じにはなりますが、これまでの企画性コメディーからもうひとつ進んだ、新しいコメディーが作れたらと思っています」

出演するメンバーはそれぞれに

諏訪雅:まだ稽古が始まってないので、本当にこの公演やるのかな?というくらい実感のない感じなんです。実は最近ダイエットして35kg痩せたんです。これまではちょっと太っている人の役として上田くんが書いてくれていたんですけど、僕はもうそんなのはいいから痩せる!と言って痩せたので、どんな風に役を書いてくれるのかな?と楽しみにしています。

石田剛太:前回の公演が新世界が舞台で大阪のおっさんを演じましたが、今回はフランス人の紳士?もしくは画家?アーティスト?もしくは労働者ということになりますが、どれが演じやすいかなと思うと、やっぱり労働者かなと(笑)。フランスのパリが舞台なので、フランスの作品とかゲンズブールとかを観たりして、フランスの匂いや血を通わせて、舞台上に立てればと思っています。

土佐和成:今回は岸田戯曲賞受賞後の最初の作品になります。上田さんは口にしないですけど、結構な緊張感を持って臨んでいる感じが伝わってくるんです。きちんとお芝居を作ることはもちろんですが、リラックスしていつものように書けるよう上田さんをサポートするのも、今回の稽古のひとつかなと思いますので、全力でサポートしたいと思います。

永野宗典:今回はだまし絵がたくさん出てくると言っています。だから僕らもお客さんもだましにかかるシーンがたくさんあって、そして登場人物が翻弄されて、お客さんもそれに翻弄されて、という感じになるのかな? 今、僕たちが上田に翻弄されているのは、フランス人を演じるということです(笑)。僕らはフランス人としてお客さんを騙せるのか、ちゃんとフランス人と思わせられるのか不安でしょうがないです。前回は新世界だったので、大阪にフィールドワークで新世界に何度も行って、新世界のおじさんたちがどんな行動をしているのか、雰囲気がわかったんですけど、今回は非常にフィールドワークし辛い状況なので、多少心配はありますが、この大きな課題を乗り越えて福岡のお客様にフランスの情緒を感じていただけるように、したいなと思っています。

本多力:新作はだまし絵を題材にすると上田くんが言った時は、どんな風になるんだろうとワクワク感がありました。このキャンペーン中に劇の内容を少し聞いたらドキドキ感が沸いてきました。このワクワクドキドキ感が、稽古をしていくと薄れて行く気がするのですが……今回はいつも以上にワクワク感を減らさないように、稽古ができたらなと思います。

 

ヨーロッパ企画の新作公演「出てこようとしているトロンプルイユ」は11月30日(木)、12月1日(金)に西鉄ホールで開演。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

ヨーロッパ企画第36回公演 「出てこようとしてるトロンプルイユ」EVENT

会場 西鉄ホール
期間 2017年11月30日(木)~2017年12月1日(金)
時間 11月30日(木) 19:00 ☆
12月 1日(金)14:00 ★、19:00 
☆:スペシャルイベントあり  ★:出演者による「おまけトークショー」あり
料金 前売り 4,500円(全席指定) 当日 5,000円
学生シート(前売のみ)3,000円[当日座席指定・引換時要学生証]
主催者URL http://www.europe-kikaku.com/
お問い合わせ スリーオクロック(TEL:092-732-1688)

プレイス情報PLACE

ソラリアステージビル/西鉄ホール

住所 福岡市中央区天神2丁目11−3 −6F
TEL 092-734-1370
PAGE TOP