ショッピング | ファッション | 新店舗オープン

暮らしを楽しむ衣装とティータイムを提案するショップがオープン!

2017年08月30日 08:00 by 山内淳

北天神の路地にあるレンガ色のビル。緑色の木の扉を開けると、そこにはアクセサリーやテーブルウエアがいっぱいに並んでいます。ここは7月30日(日)にオープンした『Tea with Dress(ティー ウィズ ドレス)』で、日本とヨーロッパ諸国の衣装や暮らしの装飾品、骨董の品を取り扱うショップです。

オリジナルアクセサリーの〈Chicory(チコリ)〉は、これまで東京のセレクトショップでしか入手できませんでしたが、これからは『Tea with Dress』でも直営店として販売していきます。「チコリ」というブランド名はヨーロッパでは一般的な野菜ちなんだもので、「チコリがあるだけでお皿の上が華やぐように、〈Chicory〉も採り入れるだけでファッションを華やかできるように想いを込めました」とオーナーのAtsukoさん。例えば、カラフルなパーツを組み合わせたピアス(3,024円~)は、よく見るとアシンメトリーになっています。大きさやテイストを揃えながらも左右非対称にすることで、統一感の中にちょっとした違和感が生まれ、そこが目を惹きます。

Atsukoさんはイギリスで生活していたこともあり、こちらはイギリスを中心としたヨーロッパのアンティークテーブルウエアです。お茶の文化が根付いたイギリスらしく、カップ&ソーサー(3,780円~)やマグカップ(3,240円~)が充実しています。お茶と衣装は生活に欠かせないもので、どちらも暮らしを豊かにしてくれるアイテムです。

メゾネットタイプの店内にある階段を上って現れるのは、ウエアやバッグのコーナーです。オリジナルブランドの〈Tea with Dress〉はヴィンテージの生地をリメイクしており、なかには〈Liberty(リバティ)〉や〈SOULEIADO(ソレイアード)〉の生地を使用したものも。どれもリメイク品なので1点物ばかりですが、ウエストをゴムにしたり、ゆったりしたシルエットに仕立てることでサイズを限定しないデザインとなっています。そのほか、ヨーロッパで買い付けたヴィンテージウエアなども入荷。

左「ヴィンテージドレス」(14,040円)、右「ヴィンテージ刺繍デニムジャケット」(9,612円)、「ヴィンテージサマードレス」(8,424円)、〈Chicory〉「ネックレス」(5,400円)

こだわりが詰まった小さなショップで、ぜひお気に入りのアイテムを見つけてください。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

Tea with Dress(ティー ウィズ ドレス)

住所 福岡市中央区天神5丁目10-1
TEL 070-4403-5703
営業時間 12:00~18:30
定休日 月・火曜
URL https://www.instagram.com/tea_with_dress_jp/
PAGE TOP