グルメ

日本酒バーで出会った、「ドキドキ」と「レディファースト」!!

2017年08月04日 08:00 by S子

近年、海外からの観光客数がグーンと増えた福岡市。その中でも、櫛田神社や川端商店街周辺は、連日様々な言葉が行き交うインターナショナルなスポットになっています。

そして櫛田神社のすぐ側にある「ぎなん通り」(「銀杏通り」から名付けられたとか)も、なんだか賑やかな雰囲気に。特に夜の「昭和的風景」は、「SNSにアップしたい!」と好評だとか。

今回は、その「ぎなん通り」で見つけた1軒の日本酒バーへ!

夜8時に静かに看板を掲げる「日本酒バー サケサウス」。1Fの入口を入るとすぐ階段があり、そのまま2Fへ上がります。

すると落ち着いたムードの店内がお出迎え。カウンター席にテーブル席、部屋の仕切りを利用してちょっとしたプライベートゾーンも。しかしこのしっとりとした雰囲気、なんか緊張しますよ…。

と思ったら、「いらっしゃいませ」と、男前が登場! こちらがオーナーの野村さん。聞けばその経歴が面白い!! 福岡市中央区出身で、大学からはアメリカへ。その後、東京でフランスのヘリコプター関連の企業に就職するも、日本酒が大好きなフランス人の影響で日本酒にハマり、なんと退職して日本津々浦々の酒蔵を巡る旅へ。その後起業を志し、まずは地元・福岡で日本酒バーを開いたとのこと。しかも現在、日本酒バーの運営と同時に、海外からの観光客を福岡や佐賀の酒蔵に案内するお仕事も。すべては、「日本が世界に誇る日本酒を、もっと身近なところから伝えていきたい」という思いからなんだそう。

そんな話を聞いているうちに感動して、一杯飲みたくなったじゃないですか(結局そこね)。店内の黒板には、野村さんが「うまい!」と感激した日本酒がズラリ。「値段にとらわれず、純粋に『いいな』と思うものを楽しんでほしい」と、すべて1杯480円で提供しています。

ここでちょっと気になる文字を発見。「ドキドキ…レディファースト」って何ですかコレ!?「秋田県の山本合名会社のお酒で、『ドキドキ』 と『レディファースト』っていう名前の酒があるんです」。なんと! それは飲んでみたい!

そして『ドキドキ』が登場。ほんとだ〜! なんでもこの名前は、作り手が「夏と言えばドキドキのイメージ」とつけた名前だそう。実際にいただいてみると、キリッとキレのいい口当たりに、華やかな香り。う〜ん、夏の一杯にぴったり!

ここで、後ろにチラッと写っている「つまみ」が気になった方へ。「サケサウス」では、日本酒にぴったりのつまみもオーダーできるんですよ。どれもお酒が欲しくなるラインナップ!

本日は、「マグロの酒盗クリームチーズ」、「ねぎ鳥塩」をオーダーしました!

その後は「レディファースト」もチビリ。こちらは「ドキドキ」に比べて丸みのあるテイスト。上品です。

そして〆には、潔い名前に惹かれて「作(ZAKU)」を。三重県鈴鹿のお酒だそうですが、ガンダムファンに人気だそう(笑)。見た目のどっしりした感じとはギャップのある、爽やかにサケタイムを締めくくってくれるフルーティなお酒でした♪

ちなみに「サケサウス」で取り扱っている日本酒は、生産数が限られたものも多いので、今日紹介したお酒でも、売り切れになっているものがあるかもしれません。それでも次から次に面白いお酒を紹介してくれるので、訪れるたびに新しい出会いがあるはず。会話も含めて楽しんで! 

そうそう、英語ペラペラ&元・外資系勤務のオーナーということで、夜な夜な店には、インターナショナルな顔ぶれが集まっている模様。あと、だいたいにおいて、ドイツ人のチャーミングな美女がお店でスタンバイしていますよ♪

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

サケサウス

住所 福岡市博多区上川端町2丁目17 2F
TEL 090-9366-0982
営業時間 20:00〜翌3:00
定休日 日曜
URL https://www.facebook.com/sakesouth83/
PAGE TOP