グルメ

「雲丹と海老の専門店 魚魚魚」の姉妹店が大名に開業

2017年07月26日 12:00 by 山田 祐一郎

ウニ、エビの専門店として昨年オープンした「雲丹と海老の専門店 魚魚魚(ぎょぎょぎょ)」。他では食べられない名物「うにしゃぶ」が人気沸騰中の中、6月21日(水)にオープンしたばかりの姉妹店「寿司やの魚魚魚」も話題を集めています。


「寿司やの魚魚魚」は競り場の中にあるような寿司屋をイメージした立ち食いスタイルのお店で、店内はカウンター、そして少しのテーブル席を備えたコバコです。立ち食いとはいえ、ランチタイムにはイスも用意され、寿司をゆっくり味わうことができました。


この店の何が話題を集めているのかというと、そのランチの“お得ぶり”が際立っているのです。ランチは男性は810円、女性なら750円という金額が設定されています。まずその金額で入口の食券を購入し、空いている席を確保しましょう。それから、惣菜コーナーでトレーに好きな料理をピックアップします。この惣菜が一度だけ取り放題なんです。


惣菜の内容は随時入れ替わるそうで、この日は魚のフライ、魚の塩焼き、南蛮漬けなど8種も用意されていました。さすがに寿司屋として営業しているだけあり、この惣菜にも魚が惜しみなく使われていてとてもお得感があります。そして味もまたよく、ついついお替わりしたくなりました。ちなみに惣菜取り放題を一回追加する場合は500円。つまり500円分の価値がある惣菜食べ放題が最初に払う810円に含まれているということなのです。

↑この日の惣菜をバランスよくとってみました。

魚も漁場直送の天然地魚をメインに使っているので、鮮度抜群。地元福岡のお客さんはもちろん、県外から出張で来た方にもおすすめです。

そして取り放題惣菜を食べているところに主役が登場。寿司10貫と汁物が提供されます。寿司はカウンターの向こう側で職人さんがその都度、握りたてを用意してくれるのです。この金額を考えると、握りおきの寿司を出されても怒らないと思います。どこまでも至れり尽せり。

そして夜のメニューがこちら。夜は角打感覚で、気軽に飲める酒場営業になります。冒頭で紹介した「魚魚魚」グループの名物・うにしゃぶを提供するほか、地魚をふんだんに用いた料理の数々が勢揃い。寿司も1貫100円〜という嬉しい価格設定です。

また、夜は“勝手に飲み放題”というプランがあります。これは文字通り、用意されている酒を自由についでお替わりできるシステムです。飲み放題だけの場合、男性は1,500円、女性は1,300円(共に60分)。この飲み放題と組み合わせた「お任せコース 勝手にドリンク付き」は飲み放題80分・5品3,500円〜楽しめますよ。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

すし屋の魚魚魚

住所 福岡市中央区大名1丁目8-5 養巴コープ1F
TEL 092-791-8559
営業時間 11:30〜14:30、16:00〜24:00
定休日 不定
URL https://www.facebook.com/gyogyogyo1001/
PAGE TOP