ショッピング | ファッション

元プロサッカー選手が立ち上げた、新たなアパレルブランドに込めた想い

2017年07月03日 18:00 by simoonu(シモーヌ)

国体道路から一歩入った今泉公園近くに、新たにアパレルショップ『FIDES(フィデス)』がオープンしました。シンプルな白壁に、木目を基調とした居心地の良さそうな店構え。そこに立つブランドディレクターが、実は意外なキャリアを持っているそうで……!!?

ここ『FIDES』を手掛けるディレクター・小林久晃さんは、15年間プロのサッカー選手として第一線で活躍した人。昨年末の引退後、新たなフィールドとして選んだのが、もともと好きだった服で自分らしさを表現できるアパレル業界。ショップコンセプトを「現代を生きるすべての人のためのユニフォーム」「みんなのホームグラウンドであり、クラブハウス」「僕と僕が愛するチームメイトの夢をかなえる場所」とし、その真摯な想いを掲げ、自身のブランド名とショップ名をラテン語で「信頼」を意味する『FIDES』にしたのだそう。

ショップ内にはオリジナルブランド〈FIDES〉を展開し、着心地が良く、軽くて動きやすく、それでいてスタイリッシュに見える服が並んでいます。「着た時の肌触りやシルエットにはとことんこだわっています。一見シンプルなんですが、生地と同系色の刺繍を施したり、裏地を総柄にしていたりとディテールまで手を加え、わかる人にはわかる特別な気分を仕掛けてるんです」と小林さん。どのウエアもベーシックでありながら、ワンランク上のデザイン性とクオリティが落とし込こまれ、見るほどにその魅力に引き込まれます。

例えば、カジュアルなTシャツ一つにしても、生地選びからシルエット、縫製、デザインにいたるまでこだわり、ラフに着られるのに上質で垢抜けたムード。オリジナルのオーガニックコットンを使用したTシャツ、厳選した超長綿にシルケット加工を施したTシャツ、NYでも活躍するアーティスト・SHUN SUDOや〈FIRSTORDER〉岡田考功氏と共作したグラフィックTシャツなど、どれもスタイリングの底上げをしてくれるものばかり。サラリとした風合いで着心地も抜群です。
さらに女性用に、メンズサイズからレディースサイズに落とし込んだVネックTシャツや、お尻がすっぽり隠れるゆったりシルエットのTシャツも用意。そしてオーガニックコットンを使用したキッズラインもあるので、家族で揃えるのも良いですね。


オリジナルのルームウエアは、今治タオルを使用したアパレルブランド〈THING FABRICS〉とコラボ。ウエアとして最適なタオル地を一から開発し、オリジナルのシルエットとカラーで作り上げています。吸湿性に優れ、夏もさらっと着れて、色とシルエットが良い感じ。メンズ・レディースともに展開があります。


吊り編み機で編まれたスウェットは、モノ作りのバックボーンまで惚れてしまうほどの逸品。〈FIDES〉オリジナルのデザインを熟練の職人に特別に依頼し、パーカーやショートパンツなどを少量生産で展開。レア商品なので気になったら即買いを!


梅雨シーズンにオススメなのが、セレクト商品の〈KUCHI DESIGN RAIN SHOES〉のレインシューズ。デニムにもスーツにもマッチする万能シューズ。そうそう、フィレンツェのルームフレグランス〈DR.VRANJES〉も5種類ほど揃っていますよ! ジメジメした梅雨をすっきり心地良く過ごせるアイテムにも注目してみて。


スタンダードな中に、こだわりとオリジナリティを秘めた〈FIDES〉のアイテム。襟付きシャツは、オックスフォード生地に貝ボタン、さらに生地と同系色の刺繍を施すなど、細かなディテールを追究。デニムパンツにしても、膝下からテーパードをかけることで大人っぽく履けるようにしたり、ストレッチを効かせて履きやすさと動きやすさを叶えるなど、日常使いしたくなる“大人のユニフォーム”になっています。


ディレクター・小林さんが描く、“みんなのユニフォーム”“みんなの場所”。『FIDES』には居心地の良い空間が広がり、着心地が優れた服が並びます。ユニセックスに楽しめて、キッズの展開もあるので、一人でフラリと、またはカップルや家族と一緒に、ぜひ覗きに行ってみてください。

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

FIDES(フィデス)

住所 福岡市中央区今泉1丁目16-20 ヒュセットビル101
TEL 092-707-2664
営業時間 12:00〜19:00
定休日 水曜
URL http://fidesjapan.com
PAGE TOP