音楽 | まち

レコードの音にふれる―わざわざしなきゃいけないことが好き―

2017年06月28日 10:00

自分からチューナーを合わせて、わざわざ聴くラジオ。かさばる大きさなのに保管して、針を落としてわざわざ聴くレコード。ふたつのわざわざが重なる番組。それがラブエフエムでOA中の『Transit Radio―ニューレコード―』。DJの常盤響さんは全曲をレコードでかけ、番組冒頭ではレコードのノイズ音も楽しんでほしいとコメントする。

至ってアナログのようだがテクノロジーの恩恵もある。「ラジコ(PCやスマホでラジオが聴けるサービス)のエリアフリー機能ができて、福岡以外の方も僕の番組を聴いて反応をくれるようになりました」。タイムフリー機能を使えば、1週間溯って番組を聴くこともできる。
そんな常盤さんはSTEREOの渡邉裕介さんに誘われて今、「LIVING STEREO」をお手伝い中。通販なし、買取なしのレコード屋で、福岡にこのタイプの店ができたのは10数年ぶり。「わざわざが新鮮」をここで体感できる。


▼写真/渡辺通の路地裏の青い扉が目印。左がオーナーの渡邉裕介さん。右はラブエフエムで番組を持つ常盤響さん。常盤さんがDJをつとめる『Transit Radio -ニューレコード-』は毎週月曜20:00〜21:30OA。

 


▼写真/レコードプレーヤーも販売。テーブルに置かれた1台で好きなだけレコードを視聴できる。

 


▼写真/買い付けはロサンゼルスで。1日300キロをドライブしながら郊外のレコード屋までを回った。セレクトは名盤から何コレ!?な1枚まで。渡邉さんと常盤さんのお互いの個性を感じられ、そのズレ感も楽しい。

 


▼写真/オリジナルグッズも販売。近くの姉妹店「Stereo Coffe」でコーヒーをテイクアウトし、「LIVING STEREO」でのんびりするも良し!

 

※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

プレイス情報PLACE

LIVING STEREO

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目15-27
TEL 092-688-4142
営業時間 13:00~21:00
定休日 木曜日
URL http://sounds.stereo.jpn.com
PAGE TOP