まち

福岡市民を驚かせたあの連節バスが『大幅増便』&『バス停新設』でますます便利に!

2017年06月14日 15:00

天神、博多、ウォーターフロント地区を循環する全長18メートル、130人乗りの連節バス。そんな連節バスが、6月10日(土)より大幅に増便され、さらに停車バス停「蔵本」が新設されます。さらに便利になった連節バスに注目を!

【増便】
利用者の要望に応え、1日12便(内回り6便、外回り6便)⇒62便(外回り31便、内回り31便)に大幅増便されます。これにより、運行間隔がこれまでの100~110分間隔から20~30分間隔に!

【停車バス停新設】
新たに、高速バスや郊外からのバスとの結節点である博多区の「蔵本」バス停に停車することになり、ますます便利に!

【運賃】

西鉄の一般路線バスと同額です。

天神~博多間のご利用であれば、大人100円(小児50円)です。

 

連節バスは、ユニバーサルデザイン採用で、乗り降りしやすく快適な乗り心地を実現。新たな都心の交通システム「都心循環BRT」形成に向けた、新しいスタイルのバスです。

※「都心循環BRT」とは?
福岡市が進める都心部交通対策の柱である「都心拠点間の交通ネットワークの強化」と「道路交通混雑の緩和」を図る取り組みの一つです。

詳しくはホームページ(http://www.nishitetsu.jp/bus/rensetsubus/)でも確認を。

ますます便利になった連節バスをぜひ利用してみては?

PAGE TOP