映画トピックス

6/10公開『昼顔』西谷弘監督&上戸彩インタビュー

2017年06月09日 08:00 by 筒井あや

2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』。平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマにした、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった女性を描いたドラマ「昼顔」はその年の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象にまでなりました。
3年の時を経て『昼顔』がスクリーンに登場!

監督を務めた西谷弘監督、主人公・紗和を演じた上戸彩さんにインタビュー

――3年ぶりに紗和役を演じるにあたって、戻るプロセスはありましたか?

上戸彩:今回の映画はドラマのスタッフさんと再びご一緒できました。スタッフのみなさんにも、「紗和じゃないね・・・」と思われたりするのではないか、また、私自身も紗和に戻れるかというプレッシャーはありました。クランクインのシーンが北野先生(斎藤工)との再会のシーンでしたが、そのシーンで3年前の紗和の気持ちが一瞬にしてフラッシュバックしました。台本には泣くシーンだとは書かれていなかったのに、自然に涙が溢れてきて。本当に北野先生に会いたかったんだなと、自分の中でも紗和としての気持ちが生き続けてきたことをすごく実感できたんです。それで、紗和に戻れるのかな?という不安は一瞬でなくなりました。

――最初は上戸さんからは、オファーを断られた経緯があったそうですが、それでも「紗和」を上戸さんにお願いしたかった理由は?

西谷弘監督:不倫が似合わない人、イメージがつかない人、というのが理由のひとつです。ドラマの始まりは隣町の火事を見ているところから始まるんですが、あれは対岸の火事であって、最後は自分の家に火をつけてしまう。それは余所事だったことが、自分に降りかかってくるということを表現しているんです。そういう不倫に対してあり得ないと思っていた人が、最後には自分がその沼にはまって抜け出せなくなる。今でもこの作品は上戸さんじゃなければ成立しなかったなと思っています。

――テレビドラマと映画で演出方法が変わっていましたが、意図があったのでしょうか?

西谷弘監督:テレビドラマでは紗和のモノローグナレーション、いわゆる紗和の独白を主体に作っていたんですけど、それはテレビの中では紗和の気持ちを理解する上で効果的でした。ですが、映画は生活の中で見るテレビとは違い、観客とスクリーンだけという整った環境で見ることができるので、言葉で伝えるのではなく、表情で紗和の感情を伝えられると思ったのでナレーションは減らしました。実はテレビドラマ同様にナレーションも作ってあったんです。でも表情で十分伝えられると思いましたし、その方が観客が、より感情移入できるのではないかと思って演出方法は変えています。

――撮影中、大変だったことはありますか?

上戸彩:大変だったことは意外となかったんです。それは上戸彩でいる時間と紗和でいる時間がよくわからないというか、共存していたからなのかなと。なので、役作りの点でも大変と感じることもほとんどなく、ただ好きな人たちと好きな時間を過ごせたことに幸せを感じていました。でも(撮影が)終わった後はしんどかったですね。やっぱり紗和でいた時間というのは、罪を犯していたということを背負っていたようで、やってはいけないこと、胸を張って生きれなかった人生を、たった二ヶ月ですけど、演じていたのが結構しんどかったみたいですね。撮影が終わって初めて気づきました。

――完成した作品をみての感想は?

上戸彩:最初に(映画が)8割くらい出来上がっているものを見せて頂いた時は、(斎藤)工くんと隣同士で、始まる前はいつも通りに雑談をしていていたんですけど、終わった後は、二人とも席を立てないというか。どう言葉にして表現したらいいのかわからず言葉にならなかったですね。見終わった後、どんな顔をして劇場を出ればいいんだろう?って(笑)。どんよりした感じなのか、ケロッとした感じで出ようか、とか考えるくらいボーッとしちゃって。
その後、改めて完成した作品は(伊藤)歩ちゃんと並んで見たんですけど、最初は二人で映像を見ながらあーだったね、こうだったね、とか言いながら見ていたんですけど、また中盤から二人して言葉を無くしてしまいました。「昼顔」というテレビドラマが今度は映画として結末を迎えたこともうれしかったですし、3年経っても、みなさんに「見てました」とか「好きでした」とか言っていてだけて幸せです。そしてみなさんに映画としてまた見ていただけると思うと本当にうれしいです。

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP