グルメ | 新店舗オープン

天神女子は必食!ラーメンとパスタの融合、トマトラーメン専門店!

2017年06月02日 12:00 by ソノユウ。

“飲み会のシメ”という大義名分のもと、その場のノリで屋台に流れ込む以外は、やたらめったら「ラーメン」が日常にあるワケではない。いちおう、永遠のダイエッター(私)としてはカロリーも気になったりするのだ。

けれど、「トマトラーメン専門店」…「一杯にイタリア産有機トマトを約3個使用!」「麺は自家製極細豆乳ウコン麺」。こんな看板の前ではそんなダイエッターの掟(いや、決意)もわりかし簡単に崩壊してしまう…。

 

トマトに、オーガニックに、豆乳に、ウコン…女子必殺の<キレイの元>ワードがずらり。新天町に新しく出来たトマトラーメン専門店の魅惑の看板の前に立ちつくしてしまった。

 

ここは、宮崎県都城市を皮切りに、同県と鹿児島県に6店舗を持つ「麺屋とまと」の7店舗目。この4月、天神に待望の初上陸を果たした。ひとことでいってしまえば、「ラーメンとパスタが融合した麺処」、であるがつまりは、“女子が好きなもの、ぜ~んぶ叶えた新発想のラーメン店”、といった方がわかりやすいかもしれない。

 

なぜなら、

理由その1、まずもって、テーブルの上にはラー油の代りにオリーブオイルが控えており、

 

理由その2、女子好みのトッピングは20種を超える。写真左からネギサラダ、ココナッツオイル、自家製バジルソース、味付煮玉子、セロリ、炙り鶏チャーシュー、茄子(ピリ辛or辛さ無)。このほかにもおろしにんにく・刻みにんにく、生姜、ゆず、香味ネギ鶏油、オリジナル高級チーズ、鹿児島産白ネギ、青ネギ、ミネラルたっぷりあおさ海苔、エッグ、とうがらチーズ(1辛~3辛まで)、追加小松菜、ダブルネギ、たっぷり野菜、炙り鶏チャーシュー、そして、あさり~~~~~!これってもう、ラーメン店のトッピングの領域を超えてるでしょ。

 

理由その3、替玉だって「半替玉(写真左・70円)」というボリュームゾーンでしっかり女子のハートをわしづかみ…ちなみに「写真右・辛替玉(150円)」な~んて、福岡の替玉文化にもアレンジを効かせるなど、一芸を身に着けている。


 

理由その4、そしてラーメンのお伴ご飯には3種の“リゾット”がラインナップ!「リゾットご飯」(フライドオニオン・チーズ・バジル・ブラックペッパー)、チーズご飯(チーズを炙りチャーシューのタレですこ~し味付け)、ジェノバライス(自家製バジルソースを混ぜた特製リゾット)とネーミングもかなりイケてるし!いずれも150円、玄米入り白ご飯がベースだ。食べ方も自由自在。トマトスープにご飯をインしてもよし、ご飯にトマトスープをミックス!でもOK!

 

理由その5、とどめは1日限定20個の杏仁豆腐200円(しかも壺入り)がデザートに鎮座!

 

これでもかっ!これでもかっ!というくらい、ライター泣かせの“書きどころ”がわんさか!なのだ。これに加え、ママにもやさしい「キッズセット(小学生限定/リゾットご飯+唐揚げ+杏仁豆腐=300円!)」や、「学割」制まで!

「学割」とは、学生(小学生~大学生まで)ならば基本の「トマトラーメン(750円)」が600円になるほか、替え玉2杯まで無料(1日50食限定)でつけてくれるといううれしいサービスのこと!もう、なんて太っ腹!「いやあ、宮崎のラーメン店は学生が多いですから、少しでも安く腹いっぱい食べてもらいたいから」と、スタッフ。

 

「麺は小麦粉にこだわり“今一番旨い粉!”を求め日々進化しています。現在は北海道産<春よ恋>と、宮崎県高原町の<ハナドウ>です。スープは鹿児島県出水市の鶏がらと合わせた“ダブル”スープで、オーダーごとに一杯ずつすべてフライパンで調理しているんです。野菜もほぼ宮崎・鹿児島など南九州から取り寄せています」。

 

そうそう忘れちゃいけない、この店の“大黒柱”はあくまで「トマトラーメン(750)」だ。これがすべての基本形。メンマの代りにここでは小松菜、鶏チャーシュー入りがスタンダード。これに上記のトッピングたちが4段階の価格別でオーダー可、自分好みにカスタマイズしていただくスタイル(100円、120円、150円+無料のものもあり!)

ちなみに、当店不動の人気№1は「パルミジャーノレッジャーノ(850円)」だとか。このほかに、リピーター率99%をたたき出す「ネギサラダ・トマトラーメン」「ふわふわエッグトマトラーメン」も要マーク!

 

トマトが苦手な人でも大丈夫!「炙り白湯麺(730円)」「あさり白湯麺(780円/写真)」もあり!女性好みとはいえ、男子の胃袋もしっかり満たすのでご安心を★カフェな雰囲気の店内はデートにも◎である。

 

よくよく考えたら、いくらダイエッターとはいえ、おやつや夜食でもない限り、ランチは毎日必食なのだから、ランチラーメンは全然選択肢!これからの酷暑を乗り切る、スパイシー&サワーなトマトラーメンはぴったりだ。天神の女子たちへ、ぜひキレイの元、リコピンの洗礼を受けて★天神西通り「カメラのキタムラ」を曲がって70歩へ。

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

麺屋とまと

住所 福岡市中央区天神2丁目7-22
TEL 092-733-0606
営業時間 11:00~24:00
定休日 なし
PAGE TOP