ショッピング | 新店舗オープン

北欧のヴィンテージ家具と雑貨が揃う『NEST』に2号店がオープン!

2017年05月18日 12:00 by 山内淳

2002年に薬院にオープンし、機能性・デザイン性に優れたヴィンテージの家具や照明などを北欧中心に世界中からセレクトするインテリアショップ『NEST(ネスト)』。今年3月に15周年という節目を迎えた同店は、4月28日に「博多リバレインモール」1階に2号店をオープンさせました。

取り扱い商品は薬院店と同じものもありますが、空間やディスプレイが変わったことで、今まで気づかなかった新たな魅力を発見することもあるはず。ライフスタイルを本質的にデザインするインテリアをセレクトする姿勢はリバレイン店も変わりませんが、よりアート性が高いものや上質なアイテムを厳選しています。

テーブルやチェアをはじめとする家具はもちろん、食器類などの雑貨も充実。日常を彩る小物は自身の暮らしを豊かにするだけでなく、大切な人へのギフトにも喜ばれそうです。

こちらはデンマークのローゼングリン・ハンセンが手掛けたダイニングテーブル。テーブルは拡張式で最大3.2mまで広げることができます。

天板は高級感あふれるローズウッドの木目が美しく、使い込むほどに増す味わい深さが特長です。近くで見ると、素材そのものの良さ、仕上げの丁寧さが伝わってきます。

『NEST』では、北欧家具と日本の親和性の高さも提案しています。木の温かみを感じる北欧家具は、木の文化が根付いた日本の木工品とも好相性。店頭では安土桃山時代の天正年間(1573~1592年)に起源を持つ石川県の〈山中漆器〉の漆器を展示しています。

こちらは〈山中漆器〉の「一汁三菜器」。名前の通り、一汁三菜に必要な飯椀・汁椀・皿がセットになっています(写真左)。収納する時は写真右の黒い器のように一番大きな飯椀に重ね入れ、赤い器のように一つにまとめることができます。木地職人による伝統の技と現代的なデザインセンスが光る逸品です。

また、リバレイン店で好評なアイテムのひとつがフラワーベースなんだそう。こちらはベルギーのヘンリー・ディーンによるガラス花器。どんな草花とも合わせやすいシンプルなデザインは、置いておくだけでも存在感があるアート性に富んでいます。

年代や有名・無名を問わず、「ライフスタイルを本質的にデザインしているか」という点でセレクトした『NEST』のアイテムは、どれも時代を超えて愛用し続けることができるでしょう。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

NEST Riverain(ネスト リバレイン)

住所 福岡市博多区下川端3丁目1 博多リバレインモール1F
TEL 092-263-5510
営業時間 10:30~19:30
定休日 博多リバレインモールに準ずる
URL http://nestdesign.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP