ひと

「お肉たりてる?」これからは街のど真ん中BBQでお肉補給

2017年05月17日 10:00 by 山路 祐一郎


美味しいお肉の様に地肌こんがりなお友達、けーちゃん。
それもそのはず。彼のお仕事はバーベキュー屋さん。いつも美味しくてセクシーなBBQをデリバリーして僕らを楽しませてくれています。

例えば、、


盛り付け上手は当たり前。


人気のローストビーフもお任せあれ。


鶏肉の、ビ、、ビール焼き???なんてサプライズもお手の物。

とにかく→
アガるBBQパーティをしたいならけーちゃん、
美味しいお肉を食べたかったらけーちゃん、
けーちゃんに会いたくなったらけーちゃん、
等々、

その界隈で人気者のけーちゃんが繁華街のど真ん中・大名にBBQの拠点を手に入れたという事でして。
そのお披露目会におじゃまして来ました。



ロケーションはTHE街のど真ん中なルックス漂うビルの4F。パラソル付きのテラスが見えてます。


店内はこんな風&後ろにバーカウンターがあります。
(ノリのいいお友達が既に一杯やってました。。笑)

ここで貸し切りBBQが出来るなんて、ご褒美パーティには最高の条件じゃありませんか(...!!)

 


そしてベランダスペースではけーちゃんがノンストップで調理していました。
この日は予想以上の人出でして。出るお肉がすぐに無くなっちゃいます。
 

だって...

こんなお肉がジャンジャン出てくるんですもん。そりゃあ食べちゃいますって。

 


けーちゃんはBBQの仕事を説明するとき、
「笑顔しかない職場だから」
と言います。

みんな初めは「お肉焼いてます!」→「え!なにそれー!?」なんてノリになるんですけど、
けーちゃんと話し込むとそのお仕事の良さにジーーンとなっちゃうんですよね。
(その辺りのお話はこちらのリンクにくわ〜しく書かれています。よろしければ。)
loqui.jp/interview/035

僕も何回かお肉を頂いていますが、今回のお披露目会に行ってみてからは、
"単純にBBQって楽しいし笑顔が溢れる。けど準備や後片付けってなんか萎える...
(お肉焼くのだって結局誰かが頑張る風になりがちだったり...)"
なんていう、笑顔の縁の下の部分を全部やってくれるのがけーちゃんのお仕事なんだろうな、て事を改めて感じました。


言わば、
「美味しいBBQ」×「けーちゃんの仕事」=「けーちゃんの出してくれる美味しい時間」
みたいなものが生まれるわけです。

もう、そんな風にして出されるお肉の味わいはどんだけ噛みごたえが有るのよ!
(しかも抜群のホスピタリティで)

 

と、理屈がズラッと並びましたけど、

\手ぶらで/

\お任せを/

\たっぷり/

食べれるBBQが大名に生まれました。
これからはお肉との距離がもっと近付く予感がしています。

 

p.s.
一応紹介制らしいので、最後はそれとなくヒントっぽい画像を置いて結びとさせて頂きます。
(ご縁でたどり着けるお肉も"オツ"ですし)


 

(おまけ)エフエムヤマジ〜ぽっかぽかして来た季節に最強のBGMはBenny Sings

Benny Sings - "Little Donna"
天才肌級に気持ち良いメロディはこの季節の朝にピッタリ。

Benny Sings - "Let Me In"
お出かけのBGMにも頼れるBenny Sings

Benny Sings - "Out Of These Hearts"
でもほろ苦い日も有るよね、的な。一人ぼっちの夜には沁み入りすぎ注意。

(※ただし歌詞は3曲とも未練タラタラのすっっっっっごくダサい内容です。耳を澄ましてはいけません。英語ペラペラな人とかにもご注意を 汗)

取材・文:山路 祐一郎
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP