©ROH

映画作品情報

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2016/17「蝶々夫人」

アントニオ・パッパーノ指揮で贈る、プッチーニの代表作の一つ『蝶々夫人』。「ある晴れた日に」の歌で知られる、日本を舞台にしたあまりにも有名な悲劇のオペラ!

2017年05月01日 16:00

世界最高峰の名門歌劇場「英国ロイヤル・オペラ・ハウス」の人気公演12演目の舞台映像を映画館で順次上映。舞台裏でのインタビューや特別映像を追加し、映画館の大スクリーンと迫力の音響でライブ観劇しているような臨場感が味わえる。第9作目はプッチーニの代表作の一つ『蝶々夫人』。

舞台は日本の長崎。アメリカ人士官ピンカートンと結婚した蝶々は、任務を終え帰国した彼の帰りを、幼い息子とともに待ち続けていた。しかし、夫はアメリカ人の妻を連れて戻ってくる——。
『蝶々夫人』は、夫に裏切られながらも一途に愛を貫く日本人女性、蝶々の悲劇的な愛をプッチーニの魅惑的な音楽で描いたオペラ。ロイヤル・オペラの音楽監督アントニオ・パッパーノが、明るく興奮に満ちた少女から、愛によって自己を犠牲にする女性へと変化する蝶々のドラマチックな心の旅を指揮する。 オペラを見たことがない人でも聞いたことがあるほど有名なアリア「ある晴れた日に」で知られ、舞台をベトナムに置き換えたミュージカル『ミス・サイゴン』の原案にもなった作品。

※10:00~(1日1回、1週間限定上映)

 

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2016/17「蝶々夫人」】

●公開年月日:2017年5月27日(土)
●上映時間:182分(休憩10分を含む)
●ジャンル:英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン
●公式サイトURL:http://tohotowa.co.jp/roh/movie/madama_butterfly.html

作曲:ジャコモ・プッチーニ
演出:モーシュ・ライザー/パトリス・コーリエ
指揮:アントニオ・パッパーノ
出演:エルモネラ・ヤオ、マルセロ・プエンテ、スコット・ヘンドリックス、カルロ・ボッシ

上映映画館THEATER

※上映スケジュールは各映画館ホームページなどでご確認ください。

福岡中洲大洋映画劇場

住所 福岡市博多区中洲4丁目6-18
TEL 092-291-4058
劇場公式URL http://www.nakasu-taiyo.co.jp/
PAGE TOP