ショッピング | ファッション | まち

人々の生活に寄り添った心を豊かにするショップ

2017年05月04日 18:00 by 山内淳

1991年、“日々の暮らしを楽しむ道具の店”をコンセプトに浄水通でオープンし、2005年に現在の場所へ移転した『B・B・B POTTERS(スリービーポッターズ)』。2016年に25周年を迎えたこの店は、オシャレな天神南エリアの顔ともいえる存在です。

『B・B・B POTTERS』を語るうえで欠かせないのが、ずらりと並ぶ白い食器。今から30年以上前にオーナーが古い倉庫で出合った真っ白な食器の数々が、店をスタートさせるきっかけになったそうです。当時、白い食器といえばホテルやレストランで使われる業務用のイメージが強く、一般の家庭ではあまり馴染みがありませんでした。それでも時間をかけて、どんな料理にも合い、丈夫で、収納しやすく、価格も手頃な白い食器の魅力を広めていったという、ショップの原点となる思い入れのあるアイテムです。

白い食器と同じく、ガラス製のグラスも取り揃えています。また、包丁やカトラリー、計量器具なども多数。『B・B・B POTTERS』の代名詞でもあるキッチン雑貨の充実ぶりはさすが! 隣接するビルの1階には業務用食器と食の専門店「BBB&(スリービーアンド)」もあります。

剪定バサミやスコップ、じょうろ、長靴、サンダル、帽子、バッグと、ガーデニングや畑仕事の際に役立つアイテムも豊富。どれも機能性だけでなくデザイン性にも優れているので、作業が楽しくなりそうです。

福岡・久留米発の〈MOONSTAR(ムーンスター)〉のシューズや、〈TEMBEA(テンベア)〉のバゲットトート、ストールや帽子など流行に左右されないアパレルや小物雑貨も揃っています。

2階には作家の手仕事を感じるアイテムをセレクト。こちらは小石原焼の窯元とフードコーディネーター・長尾智子さんのコラボレーションによって開発された、新しい民芸の器〈小石原ポタリー〉。“料理を美味しくする器”をテーマに、フォルムや手触り、重み、意匠の一つひとつに温かい風合いが息づいています。

リビングを彩る家具やクッション、時計、照明などのインテリアも展示。どれもシンプルなデザインなので、どんな部屋にもセンスよく溶け込みます。

こちらは福岡在住で、オリジナルの図案を用いた陶器やファブリックなどで知られる陶芸作家・鹿児島睦さんの作品。現在は日本国内のみならず世界的に活躍している鹿児島さんですが、『B・B・B POTTERS』ではオープン当初から交流のある人物です。

そのほか、イラストレーターの山本直孝さんや器の製作を行うイイホシユミコさん、菓子・料理研究家の山本ゆりこさんなど今ではメジャーな方々とも昔から交流があり、以前から作品を取り扱っていたり、イベントを開催したりしています。

2階には「CAFE POTTERS(カフェポッターズ)」も併設。本場フランスのブルターニュ地方で修業したクレーピエが作るガレットやクレープをはじめ、ケーキや季節のデザート、焼き菓子やドリンクメニューが楽しめます。※店名表記は【E】の上にアクセント記号【´】が必要

シンプルだけど丈夫で機能的、デザインの細部にまで理由があり、普段使いできる価格帯であること。そんな、あらゆる暮らしのシーンに役立つ頼もしい道具たちが『B・B・B POTTERS』では見つかります。身のまわりのものに愛情を注ぐことが、“心豊かな暮らし”だと気付かせてくれるでしょう。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

B・B・B POTTERS(スリービーポッターズ)

住所 福岡市中央区薬院1丁目8‐8 1F、2F
TEL 092-739-2080
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定
URL http://www.bbbpotters.com/
PAGE TOP