グルメ | イベント

【天神餃子総選挙 1位】驚異のオーダー率99%以上を誇る餃子

2017年05月03日 08:00 by 山内淳

「天神餃子総選挙」で栄えある第1位となったのは、イムズ13階にある創作チャイニーズレストランバー『HAKATA ONO』です! 天神の中心部にあるので休みの日はもちろん、仕事帰りにも立ち寄りやすい立地です。

広々とした店内は120席あり、切り絵を基にした博多祇園山笠の壁が印象的。テーブル席、ボックスシートのほか、窓際にはバーカウンターも備えています。

料理長・国遠勝明さん考案の「国勝餃子(くにかつぎょうざ)」は、調理工程がちょっと違います。鉄板に水やお湯を注いで蒸し焼きにするのが一般的ですが、こちらでは焼く前に蒸籠に入れて蒸すんです。「じっくり蒸すことで豚肉の脂分と野菜の水分が混ざり合い、旨味たっぷりのジューシーな肉汁を蓄えた餃子へと変化していきます」と国遠さん。蒸す工程と焼く工程と別々にするこのひと手間がうまさの秘訣なのです。

焼く工程は中華鍋を回しながら強火で焼き目を付けるだけなので、蒸したてのモッチリした皮の食感は損なわれません。カリッ、モチッが共存する食感は、このようにして生まれています。

これが完成した「国勝餃子」(6個626円)。博多一口餃子と比べると、大きくて食べ応えがあります。厚めの皮は2種類の小麦粉をブレンドし、シンプルに塩と水だけで手作り。水の量は湿度の変化などで微調整するほど繊細な加減です。餡には白菜とキャベツ、タマネギ、そしてニラをたっぷり、ニンニク少々、国産豚肉のみ。野菜と肉は3:1が黄金比なんだとか。「モッチリと弾力のある皮に包まれたジューシーな餡が自慢です。昨夏の登場以来、夜は99%以上のお客様からご注文いただいております」。そのままでも十分おいしいですが、豆板醤、味噌、ニンニクを混ぜた特製柚子胡椒との相性も抜群です。

そして、こちらも負けず劣らず人気の「国勝水餃子」(5個734円)。水餃子とはいっても、茹でただけの餃子じゃないんです。唐辛子ベースのチリソース辣椒醤(ラージャオジャン)と練りゴマをベースにした芝麻醤(チーマージャン)で作ったコクのある辛いスープで炊き、テーブルに運ばれてきてもしばらく土鍋のグツグツが止まりません。餃子そのものの味わいもさることながら、うまさを引き立てる刺激的なスープがヤミツキになります。

「皮から手作り、野菜もフードプロセッサーを使わず手切りの自家製餃子です。博多一口餃子とは違う、試行錯誤の末に誕生したオリジナルの餃子を味わってください。ランチタイムでも単品で追加注文できますよ」と国遠さん(前列中央)。餃子はいずれも一日に仕込める数に限りがあるため、なくなり次第終了です。

★天神餃子総選挙
https://tenjinsite.jp/gyoza-senkyo/

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

HAKATA ONO GRILL&CHINA CAFE&BAR(ハカタ オノ グリルアンドチャイナ カフェアンドバー)

住所 福岡市中央区天神1丁目7−11 イムズ13F
TEL 092-731-3908
営業時間 11:00〜翌1:00(OS24:00)※ランチは11:00〜OS15:00
定休日 イムズ休館日に準ずる
URL http://hakataono.com/
PAGE TOP