グルメ

『居心地屋REON』がリニューアルして、スリランカ料理店に!

2017年04月19日 12:00 by 木下 貴子

上人橋通のサウスガーデンに内にある『居心地屋REON』が、3月に居酒屋からスリランカ料理店へと大きなリニューアルを遂げました。数年前にスリランカ出身のシェフを招き入れ、これまでもスリランカカリーは出していましたが、「彼の作る他の料理もとても素晴らしかったので」と店主の木下レオンさん。シェフの腕を見込んで、思い切ってスリランカ料理で勝負することにしたと話します。

内装も大幅に改装し、ヨーロピアン風のアンティーク調に。お洒落で落ち着いた空間、そしてこれまでどおりの居心地の良さ。2階は個室として利用できます。

 

看板メニューはカリー。「レオンカリー」「スリランカカリー」「ヌードルカリー」「ドライカリー」の4種があります。福岡のこの業界でも評判のこの道25年のベテランシェフが、約50種類ものスパイスを駆使して作る薬膳カリーは、絶妙なる辛さと美味さ!

上から「レオンカリー」「スリランカカリー」「ヌードルカリー」「ドライカリー」。






驚くのがその価格で、夜は普通盛りで「レオンカリー」が864円、他3種のカリーが各810円、ランチはセットになりサラダ、紅茶、アイスクリームが付きでなんと各800円にて提供されます。ランチはさらにミールス形式で5種のカリーがいただける「本日のスペシャルカリー」を用意し、こちらもセットで1,000円という嬉しいお値段。

「本日のスペシャルカリー」。




「スパイスをたっぷり使うためスリランカカリーはどうしても原価が高くなり、それが値段に反映されてしまいます」と木下さん。「でも、うちの場合、僕が占いの事業をやっているので、そちらの利益を店の方に回してバランスをとっているんです」。そう、ご存知の方も多いかもしれませんが、木下さんは帝王学占いで知られる著名な占い師。有名人をはじめ、全国から木下さんに占ってもらおうと、全国からわざわざ福岡までやってくる人も少なくありません。「世界のみんなにおなかいっぱいになってもらいたい」と占いの収益金の一部を使ってボランティア活動も行っている木下さん。その気持ちが、この『居心地屋REON』にも込められています。

左が木下さん。占う時はすごく強い眼力とオーラを感じますが、ふだんはとてもにこやかで温かいお人柄です。

 

スリランカ料理は、タンドリーチキン、カンクンポーク(野菜炒め)、きびなごスパイシーなどカレー以外も充実。また、気軽に利用してほしいと居酒屋的な料理もメニューにならびます。「福岡で人気のうどん居酒屋のように、うちも“カレー居酒屋”としてお酒も料理も楽しんでいただきたい」と話します。

スリランカの伝統料理「コットゥロティ」(972円)。



「タンドゥリーチキン」(2ピース810円)。



「エビとアボカドの生春巻き」(734円)。



自家製ナンピザ「カレーナン」(864円)。



ドリンクのイチオシはカレーとの相性抜群の、フルーツをたっぷり使った「贅沢サングリア」(594円)。

 

夜はお食事をされる方には無料で占いのサービスも行っています。「占いは僕の生まれ持っての役割ですから。ですが、占い目当てで来られたお客様でも、きっと料理も満足していただけます。そこでおいしいと感じていただき、次は料理をお目当てにと思っていただけるとすごく嬉しいですね」。なお、お店で無料占いのサービスを受けたい方は、事前予約制となっているのでご注意を。

自慢のカリー、珍しいスリランカ料理がリーズナブルに味わえるだけでなく、占いまでも楽しめる。その目新しさに囚われてしまいそうですが、いずれもプロフェッショナルによるものなので、実はかなりの贅沢さ。生まれ変わった『居心地屋REON』、期待を裏切りません!

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

居心地屋 REON 上人橋店

住所 福岡市中央区警固1丁目6−56  サウスガーデン1F
TEL 092-726-6616
営業時間 11:30~14:00/18:00〜翌3:00(OS2:30)
定休日 不定
URL https://www.reon-fukuoka.jp/
PAGE TOP