映画トピックス

3/18(土)公開『ひるね姫』満島真之介さん、神山健治監督が舞台挨拶に登場!

2017年03月18日 18:00 by 筒井あや

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督によるオリジナルの長編劇場アニメーション。東京オリンピックが3日後に迫る2020年の夏。物語の主人公はいたって平凡な女子高生。特技といえばどこでも眠れることくらい。そんな彼女が、最近不思議と同じ夢を見るようになる。時を同じくして、現実が歪み始め、その秘密が自分の夢にあることに気付く。事件を解決するためココネは東京まで旅をすることになるのだが、それは彼女にとって思いがけず、知らない“ ワタシ” を見つける旅でもあった。今より少し先の未来を舞台に、夢と現実をスリリングに行き来するロードムービー。

本作でココネの幼馴染み佐渡モリオの声優を務めた満島真之介さんと神山健治監督が舞台挨拶に登場!二◯加煎餅のお面をつけて登場し会場を沸かせてくれました。

――作品が完成した今の気持ちはいかがですか?

満島真之介:声優をやらせていただくのは、劇場版の作品では初めてなので、新しい挑戦でした。みなさんもご存知かと思いますが、神山監督の作品は強いヒーローや遠い未来の世界、メカニックな世界を描かれていて、とても大きな物語を作られる監督ですが、この『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は、今を生きる普通の女子高生を中心に、家族や友人との絆を描いた、僕たちが生きている世界に近い作品です。監督の新しい挑戦に、僕自身も新たな挑戦として出会えたことが、幸せで感無量です……。なんかすごい真剣に話していますけど、本当に思っているんですよ(笑)。僕が演じたモリオは、理系オタクで現実主義な男の子なのですが、ココネという猪突猛進の女の子に引っ張られて、いっしょに成長していくロードムービーです。僕は実写作品では、モリオのような役はあまり出来ないかなと思っている中で、声の仕事で新しい役に出会え、モリオといっしょに成長できたことがとても幸せに思っています。

神山健治監督:僕は今まで、世界を救うヒロインとか、SFの中で闘うヒーローやヒロインを多く描いてきましたが、今回初めて、女子高生の女の子を主人公に作品を作るという新しい試みをしています。ですが、僕が作るということは、やっぱりそれだけでは終われません(笑)。一見、ふわっとしたタイトルなんですが、満島くん演じるモリオという幼馴染みと2人である事件を解決するために、自分が見ている夢の世界にヒントを見いだして、冒険の旅に出るという、実は結構スペクタクルな作品になっています。かつ、最後はもしかしたら、それとはちょっと違うある秘密が隠されている……という映画です。1人の人間の思いに寄り添って映画を作るということを、やってみたいと思っていましたので、こういうチャンスをいただいたので、制作中も僕自身がすごく楽しかったですし、これをみなさんがどんな風に見てくれるのかが楽しみです。

――モリオはココネを支えていく、という重要な役どころだったかと思いますが、演じる上で苦労されたことはありますか?

満島真之介:神山監督のことは以前から知っていたので一番最初に台本をいただいた時に、まさかこういう作品を渡されるとは思っていなくて驚きましたが、モリオという役はストーリーテーラーでもあるすごく重要だなと思いました。この作品は岡山が舞台になっているので、岡山弁を喋っています。ココネを演じている高畑充希ちゃんと、いっしょにアフレコをさせていただいたんですけど、岡山の方言指導の先生が3人いらして、年配の男性の方が2人と20代の女性がいたんですけど、実はそこがバチバチしていて(笑)、最近の若者はこんな言葉は使いません、とか、言っているんです。それがすごく面白くて。でも僕が演じるモリオは若者なので、若い方言指導の方の言うことばっかり聞いていました(笑)。方言が難しかったと言うよりも、岡山の空気感や監督が描いている素敵な景色など、画の力に乗っていけば、きっと大きな宝物が得られるだろうと思って演じていました。僕自身も沖縄出身で、今は標準語を喋っていますけど、実はいつも方言で喋っているんですよ。地域の空気や文化が作って来た言葉は、この映画の空気感をきちんと感じて、高畑充希ちゃんと2人でやっていれば何か流れみたいなものを感じられるだろうなと思いながらやっていたので、そこまで苦労したことはなかったですね。出来上がった作品を観た時は、すでに岡山弁を忘れていたので、客観的に作品をみることができたというのは、出来上がってからの新たな発見でした。

――最後にこれから映画をご覧になるみなさんにメッセージをお願いします。

神山健治監督:『ひるね姫』は、4年間をかけてスタッフ全員の思いを込めて作って来た作品で、夢と現実の世界を交互に行き来するという物語です。細かいところに、色々な意味が仕掛けられているので、ちょっと見逃すとその仕掛けを見落とす可能性がある。それくらい情報量の多い作品ですが、ココネとモリオの冒険、この画に身を委ねて、2人の感情を追いかけてくれれば、ストーリーの裏に隠されている秘密とかが見えてくる仕掛けになっています。僕らの思いが乗っている作品ですので、身を委ねて観ていただきたいと思います。

満島真之介:高畑充希ちゃんが主役です。主題歌の「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、どの世代の方も聴いたことがあると思いますが、この歌も歌っているのは高畑充希ちゃんなんですが、森川ココネちゃんという役が歌っているということを頭に入れて聴いていただけると、この歌が映画のもう一つのドラマに感じられると思います。映画も大先輩たちが声優として参加されています。スタッフ、キャスト一丸となって作った作品です。みなさん、あまり深く考えず、頭を軽くしてモリオとココネに引っ張られるように観ていただければと思います。そしてエンドロールの最後まで観てください。そこにまたドラマがありますので。

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP