グルメ

甘くて辛い!?思わずやみつきになりそうなカレーを発見

2017年03月16日 08:00 by 山田 祐一郎



「福岡法務局」の裏手に1月11日、カレー専門店がオープンしました。「博多カレー 元祖本店」は甘くて、辛いという相反する要素を併せ持つカレーを看板メニューに据えています。



こちらのカレーは鶏ガラ、昆布、カツオ、野菜類を水炊きした出汁をベースに、国産牛肉、さらに果物を織り交ぜ、仕上げに石垣島産のパイナップルで味を調えたルウが自慢。この“水炊き出汁カレー”は果物による甘みが最初に口に広がり、食べ進めるうちに、後からじわりと辛さが舌に伝わってきます。

メニューはこの辛甘仕立ての「博多カレー」が甘口、基本のピリ辛の定番、激辛の戦慄、フルーツ2倍の極みという4つから選べます。ここにサラダやロースかつ、チキンかつ、エビフライ、厚切りベーコンなどのトピング(50円〜)を組み合わせて楽しみます。







写真は定番のカレーにお店オススメのたまご(50円)、さらにロースカツ(200円)をトッピングしたものです。このたまごが絶妙。辛さをマイルドにやわらげ、甘みを引き立てる役割を果たします。

ランチタイムは数量限定でお得なセットを販売。ランチカレー(780円)は、カレー(定番)もしくはハヤシライスを選び、そこにたまご、小皿、サラダが付いてきますよ。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多カレー 元祖本店

住所 福岡市中央区舞鶴3丁目5-3
TEL 092-982-6996
営業時間 11:00〜21:00(16:00〜17:00は仕込み)
定休日 日曜、祝日
PAGE TOP