舞台

舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」が、約9年ぶりの再演!のび太役は小越勇輝

※このイベントは2017年4月9日(日)をもって終了しました。

2017年02月15日 12:00 by 筒井あや

舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、環境問題などを扱った劇場版映画『ドラえもん のび太とアニマル惑星』を舞台化した作品。2008年に鴻上尚史の脚本・演出により初演され、約9年ぶりの再演が決定!

今回は、のび太役に舞台『テニスの王子様』『弱虫ペダル』『東京喰種 トーキョーグール』などに出演している小越勇輝。しずか役を樋口日奈(乃木坂46)、ジャイアン役を皇希、スネ夫役を陳内将が演じる。

★作・演出を手掛ける鴻上尚史は…
「イギリスに一年間留学した時に、あらゆるものを舞台化するイギリス演劇人の志に感動し、そして僕自身も闘志を燃やしました。初演は9年前、国際的な演劇フェスティバルの求めに応じて創りました。とても幸福な体験で早く再演したいと思いながら気がつけば9年です。時代は変わり、日本でもマンガの舞台化が多くなりました。初演は大人も子供も楽しめる作品になったと思っています。日本の演劇人として『ドラえもん』を舞台化できる喜びを胸に、さらにパワーアップした作品をお届けします。」

★ストーリー
ある夜、のび太はピンクのもやをくぐって見知らぬ森にもぐりこむ。
そこは、なんと動物が人間の言葉を話すアニマル惑星だった!
のび太とドラえもんは、チッポというイヌの少年に出会い、友だちになる。
しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫も誘い、みんなでアニマル惑星の新年を祝う。
楽しい時間をすごして地球に戻ったのび太たちに、チッポからのSOSのメッセージが届く。
再びアニマル惑星に到着したのび太たちが見たのは、廃墟と化した街だった。
のび太たちはアニマル惑星を守るため、チッポたちとともに空から来た悪魔たちに立ち向かう!

映像とはひと味違って、俳優が演じるからこその説得力がある。大人にはなつかしく、子供には今、楽しめる作品。

 

舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」は4月7日(金)〜9日(日)までキャナルシティ劇場にて

チケットは2月18日(土)発売!

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」EVENT

期間 2017年4月7日(金)~2017年4月9日(日)
時間 4月7日(金)19:00、4月8日(土)13:00・18:00、4月9日(日)13:00
料金 一般 7,500円(全席指定)、U-12 4,500円(全席指定)
チケット発売日 2017年2月18日
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp
※4歳以下は入場不可
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:092-714-0159)

プレイス情報PLACE

キャナルシティ劇場

住所 福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多ノースビル4F
TEL 092-271-6062
URL http://www.canalcitygekijo.com/
PAGE TOP