本展メインビジュアル ©Makoto Kagoshima

イベント | アート

『#鹿児島睦展』を天神と太宰府で同時開催

※このイベントは2017年3月12日(日)をもって終了しました。

2017年01月22日 12:00 by 筒井あや

鹿児島睦(かごしま・まこと)は、植物や動物をモチーフに独自の世界観で図案を施した器やオブジェで知られ、福岡を拠点に国内はもとより、L.A.、台湾、ロンドンでも個展を開くなど海外でも活躍するアーティストです。その作品世界の魅力は、オリジナリティのある絵柄を圧倒的な構成力で描く図案と、独自の技法から生まれる造形にあります。「#鹿児島睦展」と題し、図案と造形のそれぞれにフォーカスする展覧会を三菱地所アルティアムと太宰府天満宮境内にある宝物殿2箇所で同時開催。

三菱地所アルティアム「鹿児島睦の図案展」は、2013年から毎年開催されてきた東京・青山のショップdoinel での「鹿児島睦の図案展2013-2016」(以下、図案展)を引き継いで展開。図案展では「陶芸家・鹿児島睦の作品世界の魅力は図案にある」とし、独自の構成力とオリジナリティのあるモチーフに彩られた陶芸作品から、図案を抜き出す、図案を再構成する、新たな図案を描くなど、さまざまな方法で鹿児島睦のアーティストとしての領域を広げる作品を展示。福岡ではじめての大規模な展示となる本展では、これまで開催した図案展のアーカイブに加えて、ひとつひとつ異なる図案が施されたハンドメイドの器を壁一面にずらりと並べた圧巻の展示をはじめ、平面作品にフォーカスしたプロダクト、さまざまなブランドとコラボレートした作品の紹介、さらに壁画空間も登場します。多彩なマテリアルによる表現を通して、鹿児島睦の世界観をお届けします。


★同時開催会場について
同時開催の会場は太宰府天満宮境内にある宝物殿では「鹿児島睦の造形展」を開催。太宰府天満宮のご祭神・菅原道真公(天神さま)は、「学問の神様」のほか「文化の神様」としても古くから崇められています。地名「天神」は菅原道真公に由来し、つながりの深いふたつの土地での開催です。三菱地所アルティアムと太宰府天満宮宝物殿の双方で、鹿児島睦の創作を楽しめるとともに、福岡が育んできた文化に触れる機会にもなりそうです。


鹿児島 睦 Makoto Kagoshima

福岡生まれ。美術大学卒業後、インテリアショップでのディスプレイやマ ネージメントを経て、現在は福岡市内にある自身のアトリエにて陶器や ファブリック、版画等を中心に制作。日本国内のみならず、L.A.、台北、 ロンドンなどで個展を開催、近年では世界中にファンが広がっている。 陶器にとどまらず、空間への壁画制作や国際的なアートプロジェクトへ の参加など活動の幅は多岐に渡る。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

鹿児島睦の図案展EVENT

Makoto Kagoshima ZUAN Exhibition

会場 三菱地所アルティアム
期間 2017年1月28日(土)~2017年3月12日(日)
時間 10:00〜20:00
休館日 2月21日(火)、2月22日(水)
料金 一般:400(300)円  学生:300(200)円

関連イベント オープニングレセプション《作家来場》 鹿児島睦の図案展 オープニングレセプション《作家来場》

会場三菱地所アルティアム(イムズ8F)
期間2017年1月28日(土)
時間18:30〜20:00
※参加無料・予約不要

特設ショップ 鹿児島睦の図案展 特設ショップ

会場アートショップドットジー(イムズ8F/三菱地所アルティアム併設ショップ)
期間2017年1月28日(土)~2017年3月12日(日)

ライブペインティング 鹿児島睦の図案展 ライブペインティング

会場三菱地所アルティアム(イムズ8F)
期間2017年1月29日(日)
時間13:00〜(1時間程度)
※参加無料・予約不要(要展覧会チケット)
PAGE TOP