グルメ

スターバックスの“ディカフェ”がバリエーション豊かなラインナップに!

2017年01月11日 12:00 by 筒井あや

「夜遅いけど、ゆったりとコーヒーを飲みたい」「妊娠中だからカフェインをたくさんとれなくてコーヒーが楽しめない」、など、最近は“カフェインレス”を気にする人も以前よりは増えて来たようです。とは言ってもコーヒーは大好きだしカフェインを気にせずゆっくり楽しみたい!そんな“心が満ち足りる私らしいライフスタイル”を送りたい方々に、スターバックスから「カフェインを気にせず何時でも飲めて」、「最高品質の美味しさ」で「至福の瞬間へといざなってくれる」、『ディカフェ スターバックス ラテ』が誕生。もちろんスターバックスには以前からカフェインレスコーヒーを飲むことができたのですが、今回からバリエーション豊かなラインナップで販売開始です。


『ディカフェ スターバックス ラテ』(写真左)
Short 380円 Tall 420円 Grande 460円 Venti(R) 500円
『ディカフェ ドリップ コーヒー』(写真右)
Short 330円 Tall 370円 Grande 410円 Venti(R) 450円
※表示価格は本体価格(税抜価格)です
■販売開始日:2017年1月11日(水)
※いずれの商品も、アイスでのご提供も出来ます

スターバックスのディカフェは、特別な製法で豆本来の風味はそのままにカフェインを99%以上除去されているのです。そのコーヒー豆を使用した 『ディカフェ スターバックス ラテ』は、スターバックスが日本に上陸して以来、親しまれてきた『スターバックス ラテ』の味わいはそのままで、より優しい印象の『ディカフェ スターバックス ラテ』として新たに登場。

ディカフェとは…
“ディカフェ”とはコーヒーからカフェインを取り除いたもので、国内ではカフェインレス(カフェインの少ないもの)や カフェインフリーなど様々な呼び方で知られています。一般的にはカフェインを90%以上除去したものをカフェイン レスと呼びますが、スターバックスはコーヒー本来の味わいはそのままに99%以上カフェインを除去したコーヒー豆で提供しております。コーヒーからカフェインを取り除くには、薬品を使用すれば簡単です。ですが、スターバックスのディカフェは、厳選されたコーヒー豆本来の風味をなるべくそのままお楽しみいただけるように、生豆にダメージを加えないよう薬品などを使用せず、二酸化炭素と水のみでカフェインを除去しています。

 

★全てのエスプレッソビバレッジが “ディカフェ”で飲める!★
1月11日(水)からは、『ディカフェ スターバックス ラテ』だけでなく、これまでも展開してきていたスターバックスのエスプレッソビバレッジ(カフェ モカやキャラメル マキアートなど)全てが“ディカフェ”でオーダーできるようになります。


写真左から
『ディカフェ アメリカーノ』
Short 350円 Tall 390円 Grande 430円 Venti(R) 470円
『ディカフェ カプチーノ』
Short 380円 Tall 420円 Grande 460円 Venti(R) 500円
『ディカフェ モカ』
Short 450円 Tall 490円 Grande 530円 Venti(R) 570円
『ディカフェ スターバックス ラテ』
Short 380円 Tall 420円 Grande 460円 Venti(R) 500円
『ディカフェ キャラメル マキアート』
Short 430円 Tall 470円 Grande 510円 Venti(R) 550円
※表示価格は本体価格(税抜価格)です
■販売開始日:2017年1月11日(水)

 

★家庭での豊かなコーヒーライフに『ディカフェ ハウス ブレンド』を★
1971年より米国では販売をスタートし、日本でも長年人気ナンバー1として親しまれている『ハウス ブレンド』が、今回特別な製法によりカフェインを99%以上除去し、『ディカフェ ハウス ブレンド』として登場。『ディカフェ ハウスブレンド』は、ナッツやココアの味わいが特徴で、スターバックス ローストによって引き出された香りやコク、かすかな甘みなど、すべてのバランスがよいカフェインレスのコーヒーです。
リラックスしたい休日のブランチと一緒に楽しむ一杯、夜寝る前にカフェインを気にせず飲める温かい一杯など、“ディカフェ”を取り入れたコーヒーライフをご家庭でも楽しんでいただけます。


『ディカフェ ハウス ブレンド』 250g 1,240円
■販売開始日:2017年1月11日(水)
※表示価格は本体価格(税抜価格)です

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP