ひと

オフィスも職業も、複数に したら世界が広がるかも

2016年11月26日 12:00

新しい風を吹かせる。そんな予感をひしひしと感じさせてくれる、あのひと。今、追いかけたくなるエネルギーに満ちた、あのひと。普段は語られることはないけれど、どのようにこの今にいたったのだろうか。これからどんな景色を見せてくれるのだろうか。天神でなにかをはじめたいあなたを、ワクワクさせるリアルなストーリー。さあ、耳を澄ませて。

●自然に始まりつつある、〝複〟がつく、働き方
福岡移住計画が運営する、シェアオフィス「HOOD天神」。そして個人のスキルをシェアすることで、身近な人から気軽に学べる社会をつくる「ストリートアカデミー」。脇山さんは今、この2つの企業で、コミュニティ・マネージャーを務めている。今年6月から彼女が始めたこのスタイル。今、注目されつつある新しい働き方で、“複業”と呼ばれている
「福岡にUターン後、福岡移住計画に興味をもってコンタクトを取ってみたんです。すると『HOOD天神』に入居している『ストリートアカデミー』もスタッフを探しているから同時にやってみては?というお話をいただきました」。どちらの仕事も“副”ではなく“複”。それが脇山さんの立ち位置だ。

「HOOD天神」を運営する福岡移住計画の窪田さんによると、複業やリモートワークなどの新しい働き方は今、大企業でも徐々にはじまっており、国も働き方改革を打ち出したように、流れがきているのだそう。「A社で培った経験やスキルをB社でも活かせたり、その逆もまたしかり。また、違う仕事に取り組むことで、視野が広がりモチベーションが保てる。そんな利点があるんです」。

頷きつつ、話の主人公の脇山さんはいたって自然体。コーヒー好きなので、カフェでも修行中のトリプル複業女子という。

●いろんなまちを点々とするデスクを旅する、働き方も
一方、窪田さんが今、気になっているのは、ひとつの場所に縛られず、いろんな場所に滞在する働き方。もちろん職種にもよるが、「例えば1カ月、僕が札幌を拠点に働いたとします。すると、札幌のまちに詳しくなり、新しい人脈ができるでしょう」。確かに! その上、刺激はリフレッシュにもなるし、もしかして新しいビジネスまで生まれるかもしれない。ここまできたら働き方というより、生き方だ。「それを実現するためのサービスとして福岡移住計画では『+W@nder』という仕組み(※)をスタートさせています」。

●ふたりの意識の高さは〝複〟のある日々の結果?
脇山さんは、複業でも全力でやりたい。そしてコミュニティ・マネージャーという仕事を確立させ、30歳までに1本に絞れる仕事、覚悟を決められる何かを見つけたいそうだ。一方、窪田さんは、様々な人と交流する中で変化があった。先生になる夢が再燃し、サッカーコーチのライセンスを取りたいことや、『Directors』の藤戸剛さんに影響を受けアパレルブランドを立ち上げる夢ができたことなどを話してくれた。

聞けばすぐにやりたいことを口にできる。自分の可能性を信じている。これも“複”のある働き方で得た、チカラなのだと思った。
 


HOOD天神で開催されるイベントは、天神のど真ん中で行われるだけあり、いつも盛況。この運営を脇山さん、窪田さんが担う。



窪田さんにはカメラマンの一面も。いろんなスキルを持っているのが強み。



いつもニコニコ、接しやすさも魅力の脇山さん。



福岡移住計画による今宿のシェアオフィス「SALT」はこんなスペシャルな眺め。


▼〝副業〟ならぬ〝複業〟は私にとって、普通なこと/脇山理子さん
[Profile]シェアオフィス「HOOD天神」、「ストリートアカデミー」に所属。コミュニティ・マネージャーを務める。くったくのない笑顔がステキ。

▼都道府県、そして世界のいろんなデスクを結びたい/窪田司さん
[Profile]福岡移住計画所属。シェアオフィス「HOOD天神」の管理・運営をするほか、福岡移住計画のホームページの編集・撮影なども担当。



【HOOD天神】
●住所:福岡市中央区天神1丁目15-5 天神明治通りビルB1F
●営業時間:10:00~19:00
●定休日:土曜・日曜
●HP:https://hood-tenjin.com/


※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP