舞台

松尾スズキ演出、ミュージカル『キャバレー』歌姫・サリー役は長澤まさみ!

2016年10月29日 21:00 by 筒井あや

世界中で繰り返し上演されている傑作中の傑作ミュージカル「キャバレー」。クリストファー・イシャウッドの小説「ベルリン物語」と、ジョン・ヴァン・ドゥルーンの戯曲「私はカメラ」を原作に、1966年、巨匠ハロルド・プリンスがミュージカル化。1166回上演のロングランとなり、トニー賞を6部門獲得するなど大ヒットした。72年にはボブ・フォッシーが、ライザ・ミネリ(サリー)と舞台版でもMCを演じたジョエル・グレイを主演に映画化。アカデミー賞を8部門で獲得し世界的な人気を得た。
93年にロンドンで開幕し、98年からはブロードウェイ進出を果たしたサム・メンデス版は、トニー賞4部門を受賞。日本での初演は82年。その後、様々な演出、様々なキャストで上演されている。

ヒトラー政権の台頭へと向かう時代を背景に、ベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」のデカダンなショーと、歌姫サリーをはじめとする人々の恋物語を、絶妙な構成で描く、ミュージカル『キャバレー』。松尾スズキ演出は2007年に青山劇場他で上演。松雪泰子、阿部サダヲ、森山未來、星野源らの出演で絶賛を博した。福岡での公演は、今回が初。

出演は、キャバレー、キット・カット・クラブの歌姫サリーに、ミュージカル初挑戦となる長澤まさみ。キット・カット・クラブのMCには、あのミスター・ミュージカル石丸幹二。そしてサリーの恋のお相手、駆け出しの作家クリフに小池徹平。さらに初演キャストでもある個性派・小松和重、大人計画の名バイプレイヤー・村杉蝉之介、平岩紙。そして舞台の名花・秋山菜津子。
新キャストと、松尾演出に欠かせない顔ぶれが、共に、待望の舞台をつくりあげる。

さあ、あなたも“バラ色”のひとときを!
ヴィルコメン!ようこそ、松尾スズキの『キャバレー』に!

 

福岡公演は、2017年2月24日(金)〜26日(日)福岡サンパレスにて。 

チケットは10月29日(土)発売!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

ミュージカル『キャバレー』EVENT

期間 2017年2月24日(金)~2017年2月26日(日)
時間 2017年2月24日(金)18:30
2017年2月25日(土)12:00・17:00
2017年2月26日(日)12:00
料金 S席 13,000円、A席 10,000円、B席 8,000円  
U-25 6,000円(観劇時25歳以下対象・当日指定券引換・要身分証明書)  
チケット発売日 2016年10月29日
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp/

プレイス情報PLACE

福岡サンパレスホテル&ホール

住所 福岡市博多区築港本町2-1
TEL 092-272-1123
PAGE TOP