グルメ

【3KAKU3Po】#02このまち生まれの、連れて帰りたいモノ探し 福岡メイド、発見さんぽ

2016年10月28日 12:00

テーマのあるスポット3カ所をくるりと回る「さんかくさんぽ」。
てくてく歩くトライアングルの向こうに、あらたな天神の魅力が見えてくる。


●グッズも上々、大定番カフェ
コーヒーのプロと職人が生む最愛のマグカップ

天神散歩のひと息ポイントとして欠かせない存在の「manu coffee」は、グッズ展開もしっかりマークしておきたい。

波佐見焼の「マルヒロ」と共同開発し、型から作ったというマグカップは、もう品薄状態。デザインはもちろん、持ち手のバランスや、飲み口のよさなど、その使用感にもほれぼれする。9月下旬には第2弾をリリース。立ち寄ったら忘れずにゲットして、マグカップも秋冬仕様に衣替えしよう。


バニラワサンボン530円。


プラセールの内田洋一郎さんがデザインしたマグカップ3,240円(売り切れ次第終了)。9月発売のマグカップは、温かさを感じるマットな質感に。黒・白・紺・エメラルドグリーンの4色展開で、POPY OILさんがデザインを手がける。

【マヌコーヒー大名店】
●住所:福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル1F
●電話:092-732-0737
●営業時間:8:00~24:00
●定休日:無休
●HP:http://manucoffee.com

 


 


●カルチャーへの感度が高まる場所
コーヒーと音楽と、何かおもしろいもの

コーヒースタンドに、音楽やカルチャーという機能を備えた「STEREO COFFEE」。その名の通り、店内には大人の肩ほどもある大きなスピーカーが鎮座し、いつも濃密な音楽が流れている。

2Fはギャラリーの「AND」。県内のコーヒー店がオリジナルTシャツを並べた「FUKUOKA COFFEE T-Shirts Market」や、郷土玩具の店「山響屋」の夏祭りなど、いつも新しい刺激がある。
コーヒー都市・福岡の人々も納得できる上等な味わいも、もちろん。コーヒー豆は、店長の松崎さんが東京で働いている時から目をつけていた久留米の「COFFEE COUNTY」。九州で活躍しているロースターの豆を、今後も追加していくそう。

「それ、おもしろいね」という嗅覚で手がけるオリジナルグッズの中には、フリスビーやコーヒー豆型のマグネットが。一服しにに立ち寄ったついでに、心弾むカルチャーをキャッチしよう。


ホットサンド550円~ハンドドリップコーヒー450円~。 中.2Fの「AND」。


 フリスビー1,080円。


【STEREO COFFEE ステレオコーヒー】
●住所:福岡市中央区渡辺通3-8-3
●電話:092-231-8854
●営業時間:8:00~22:00
●定休日:不定休
●HP:http://stereo.jpn.com/coffee

 


 


●人気のショコラはテイクアウトOK
豆から仕入れたショコラとオーガニックコーヒーを

オーガニックコーヒーを400円という気軽なプライスで楽しめるカフェ。オーダー後、1杯ずつドリップされるコーヒーは常時5種類ほどスタンバイしていて、すっきりとした味わいがうれしい。一緒に注文したいのが自慢のショコラの数々。東京・吉祥寺にある“Bean to Bar”スタイルの自社工場から届けられるボンボンショコラや焼き菓子は芸術的な素材の組み合わせに感動!お持ち帰りもできるので、天神散歩のみやげにも。



中からカシス×ラベンダーのフレーバーチョコレートがトロ~リ。ほかにもパッションフルーツ×バジルなど、目からウロコのおいしさが。生フォンダンショコラ(お持ち帰り)432円、フォンダンショコラデザート盛り800円(ドリンクセット)1,100円


量りとタイマーがついたコーヒードリッパーで淹れるため、味のブレは最小限に。


【PRESQU'ILE cafe プレスキルカフェ】
●住所:福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザB2F
●電話:092-733-7777
●営業時間:10:00~23:00
●定休日:ソラリアプラザ店休日に準ずる
●HP:http://presquile.co.jp/cafe

 

※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP