ショッピング | ファッション

【3KAKU3Po】#01このまち生まれの、連れて帰りたいモノ探し 福岡メイド、発見さんぽ

2016年10月25日 08:00

テーマのあるスポット3カ所をくるりと回る「さんかくさんぽ」。
てくてく歩くトライアングルの向こうに、あらたな天神の魅力が見えてくる。


●店のミシンで生まれたバッグ
ビニール素材に風合いを吹き込んで

「味わい深くて、どこかユニークなものが好きなんです」と店主の大塚さん。店内にはそんな視点で集められた置物や陶器、タペストリーなどが並んでいる。

店に置いてあるミシンで、大塚さんが手作りしているビニールバックもそのひとつだ。ヒントになったのは、ミャンマーを旅していた時に地元っ子が手にしていたビニールの袋。ちょっとくたびれた風合いに惹かれたそう。

ビニール素材はよく揉みこんで洗濯機にかけるなど、手間をかけて加工する。すると、テカりがおさえられ、織目がふくらみ、麻布のような質感が生まれるのだ。世界中から集めたアンティーク生地と組み合わせても、よくなじむ。

8年ほど前から作りはじめてじわじわと人気が広がり、今では関西や関東でも展示会を開催するほど。とにかく軽くて、使い込むほどに味わいが増し、愛おしくなるバック。次の散歩の相棒に、アチコチ連れていきたい。


ショップは警固本通り沿いのビルの2F。白い看板を目印に。


【UNTIDY アンタイディ】
福岡市中央区警固2-11-10 高橋ビル201
●電話:092-716-2424
●営業時間:12:00~19:00
●定休日:火曜
●HP:http://untidy.main.jp

 


 


●福岡らしさが伝わるデザイン
対馬の真珠や博多織の糸。九州のめぐみをお持ち帰り

福岡市内のアトリエから生まれる〈イーアクセ〉のアクセサリー。天然石など自然のめぐみを素材にしたアイテムが得意で、最近はビスマス(人工的に育てる石のような結晶)のシリーズもデビュー。そんな中、デザイナーの恵里さんが、今、全国発信しているのが、対馬産あこや貝の真珠。実は対馬や天草を中心とした九州産の真珠は、全国生産量の約6割を占めるとか。九州が好きな人、旅行中に九州らしいものを!と探している人もぜひ。


自然なカタチに惹かれる、あこや真珠のブレスレット8,640円、ビスマスのピアス5,400円


〈イーアクセ〉デザイナーの恵里さん(右)とスタッフのひろみ

【e-acce. イーアクセ】
●住所:福岡市中央区天神2-1-1 ラシック福岡天神(福岡三越B1F)
●電話:080-5282-8725
●営業時間:10:00~20:00
●定休日:不定休
●HP:http://www.e-acce.biz

 


 


●白を着るナチュラル派の聖地
8周年を迎えた〈sirone〉のますます通いたくなる路面店

福岡発のブランド〈sirone〉。設立当時は、「白」をテーマにしたレディスアイテムだけを展開していたが、少しずつブランドが成長するうちに、グレーやベージュなどのナチュラルな色、キッズ、メンズと幅が広がり、今はユニセックスなラインもお目見えしている。また、今年春には薬院のレトロビルからすぐ近くの路面店にお引越し。通りがかりにふらりと立ち寄りやすい存在になった。秋のお買い物は、彼や夫、そして子どもといっしょに、〈sirone〉でちょっと上質な日常着を探してみよう。


ショップのドアと店内をイメージしたショルダーバッグ2,916円


今年の秋の新作、くるみぼたんのノーカラースリットワンピース19,980円、定番のピコレースボーダーカットソー7,020円

【sirone】
●住所:福岡市中央区薬院1-14-25 つるやビル1F
●電話:092-737-2226
●営業時間:11:00~19:00
●定休日:水曜
●HP:http://www.sirone.net


※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP