グルメ | ショッピング

天神地下街で発見!ロマンが詰まった1杯2,500円のコーヒー、味わってきました!

2016年10月18日 18:00 by S子

2016年10月1日(土)、天神地下街東1番街の「上島珈琲店」に、1杯なんと2,500円という高級コーヒーが登場! に、にせんごひゃくえん!? それはチェックしないわけには参りません!

店頭に伺うと、早速発見!「“一年に一度きり 伝説のコーヒー”ブルボンポワントゥ」(1杯2,500円)。一体、どんなコーヒーなの!?

店長さまによると、18世紀のフランスで、ルイ14世がコーヒー栽培を命じたのが赤道近くの「ブルボン島」。「ブルボンポワントゥ」は、その島で突然変異により生まれたコーヒーで、当時は多くの貴族や文化人を虜にするも、その後、忽然と姿を消してしまったそう。そして、その伝説のコーヒーを、なんとか復活させたい!と立ち上がったのが、上島珈琲店を営むUCC。1999年より調査を始め、2006年に初収穫に成功。それからさらに10年の歳月を経て、店頭で提供できるまでに仕上げたのだとか。とはいえ、栽培方法も非常に難しく、未だ幻のコーヒーであることに変わりがない「ブルボンポワントゥ」は、数量限定につき、なくなり次第販売終了。九州の喫茶で味わえるのは、ここだけ(直営店)!

ブラジル産の豆と比べて見せていただくと、「ブルボンポワントゥ」の豆は小ぶりで、“尖った=ポワントゥ”形。その小さな豆の中に、驚くほど繊細でピュアな香りを閉じ込めています。(左がブラジル産、右がブルボンポワントゥ)

店頭で提供する際には、フレンチプレスで。粗めに挽いた豆に150ccのお湯を注いでまずは30秒蒸らし、さらにお湯を注ぎます。全体で3分かけて淹れるのがベストなのだそう。

カップに注ぐと、もうそれだけであたりに華やかな香りが漂って、幸せ〜! 色は、かなり薄めです。「一見、紅茶みたいですよね」。確かに。ちなみに、カップもこの「ブルボンポワントゥ」のために制作したオリジナルだそうで、ルイ王朝風のムードが気分を盛り上げます。そっといただいてみると、なんともフルーティな味わい! そして後味の爽やかさに驚くこと必至。こんなコーヒー、初めてです!

ちなみに、フレンチプレスで提供してもらえるので、1人でたっぷりいただくこともできるし、お友達とシェアしても。「お声がけいただければ、カップ&ソーサーをもう1セットご用意しますよ」。ちなみに、この「ブルボンポワントゥ」と「ブラジル」を1杯ずつオーダーして、飲み比べを楽しむツウもいるのだとか!ぜひ味わってみて。

さて、そんな「上島珈琲店」には、ただいまこんなメニューも登場中。「日本蜜蜂のはちみつミルク珈琲」(Sサイズ580円)

ダブルネルドリップ方式で淹れたコーヒーにまろやかなミルクを加えた大人気の「無糖ミルク珈琲」と、和歌山県産の日本蜜蜂のはちみつを一緒にいただく季節限定メニューで、10月5日から登場。

蜂蜜を口に含んでからミルク珈琲を飲んでも、両方の味わいが引き立って美味しいし、

蜂蜜をカップに注いでよくかき混ぜていただいてもまろやかでグッド。体も温まり、これからの季節にぴったり!

なのですが、こちらも蜂蜜がなくなり次第、提供終了なので、ぜひ早めに味わってみてね。

ちなみに蜂蜜は店頭でも販売中!100gで1600円です。

 

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

上島珈琲店 天神地下街店

住所 福岡市中央区天神2天神地下街
TEL 092-791-7585
営業時間 7:30〜22:00
定休日 なし
URL http://www.tenchika.com/id/shop/ueshima_coffee_ten.php
PAGE TOP