グルメ | 新店舗オープン

愉快な店主が生みだした、居心地よきダイニング・バー

2016年09月15日 08:00 by 木下 貴子

上人橋通りから元インペックスがあった小路へ。5~60メートルほど進んだ右手のビルの3階に、8月にダイニング・バー『イル・マカロニ』がオープンしました。オーナーは、ワインバーに長年勤め、今回独立を果たした中尾文晃さん。「いままでは明け方まで働いていましたが、これから歳を重ねることも考えると、早い時間にシフトして行きたいと思って」と、開店が17時からの食事をメインに楽しめる店にしたと言います。



今回、お邪魔したのは開店直後の17時。大きな窓の向こうに、下町風情の夕刻の景色が広がります。天井も高く、開放的。少しずつデザインの異なるイスやテーブル、ソファがほどよく均整を崩し、心地よさを感じさせてくれます。「これですか?実は計算ミスで最初に買ったイスとテーブルでは空間が埋まらなくて。買い足したときに、こっちのデザインもいいかも…ってなっただけなんですけど」と中尾さんは白状しますが、むしろこの雰囲気こそが肩肘張らずに落ち着ける空気感を醸し出しているように思えます。


↑「早い時間帯はゆっくりしているので、お子様連れの方でも遠慮なくお越しいただければ」と中尾さん。

 

メニューは1皿410円のタパス料理から、肉、魚、野菜、パスタ、ご飯ものなど充実。食事メインの店だけあって、お腹にたまるメニューもたくさん揃え、それが象徴できるように店名を「マカロニ」にしたと話します。メニューも豊富ですが、注目はその価格帯。例えば、「アクアパッツァ」(1,058円)、「フォアグラとズッキーニのミルフィーユ」(734円)、「生ウニのカルボナーラ」(1,058円)、「ムール貝とあさりの白ワイン蒸し」(842円)というように、本格料理もこんなにリーズナブル! しかも、食材も糸島まで買い出しに行ったりと妥協はしていません。「若干ポーションを控えめにして、手頃な価格を保つようにしています。20代前半の若い人たちにもいろんな食を楽しんでもらいたいのと、近所の方が週一くらいのペースで来やすいように」と中尾さん。友達からも大丈夫?と心配されるそうですが、「この辺って競合が多いでしょ。弱気なんです」と明るく笑います。


↑「ローストビーフ フラポテ付」(842円)。


↑「長浜直送!! カルパッチョ サラダ添え」(872円)。


↑「宮崎産 地鶏のタタキ」(734円)。


↑「ボンゴレビアンコ」(972円)。


↑「ガトーショコラ」(540円)。


DJブースも備え、プロジェクターも完備し、貸切パーティーもウェルカムです。貸切は20名からで、料金はなんと1名3,240円からとこれまた非常に利用しやすい価格帯!「はい、当面はこのスタイルで。なにしろ弱気ですから」と本気なのか冗談なのか分かりませんが、とにかくまた明るい笑顔。その表情に人柄の良さがにじみでます。料理は中尾さんが主に手掛けますが、手が空いたときは接客も積極的に。この中尾さんとの快活な会話のキャッチボールもご馳走の一つといえそうです。気軽に足を運んで、愉快なるひとときを!


↑明るく出迎えてくれる中尾さん。リラックスな空気感の発信元は、どうやら彼のお人柄にあるようです。


↑食事メインだけれど、お酒ももちろん楽しめます。夜も更けるとぐっとムーディーに。ちなみにワインはボトル2,000円台から用意されます。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

Il Macaroni(イル・マカロニ)

住所 中央区今泉2丁目3-31 プロスペリタ今泉Ⅱ 3F
TEL 092-791-9090
営業時間 17:00~翌2:00
定休日 不定
PAGE TOP