グルメ | 新店舗オープン

お母さんの味を受け継ぎつつ、韓国最先端のグルメをお届け

2016年08月31日 08:00 by 木下 貴子

7月25日に渡辺通にオープンした『でじや』は、西新の韓国料理店「でじや」の2号店です。西新本店は、釜山出身のお母さんが釜山の家庭料理を中心に15年間営んできたお店。こちら渡辺通店はその息子さんが店長となり、お母さんの人気メニューを出しつつ、自身のオリジナルメニューも発揮します。



↑広々として開放的な店内。気軽に入りやすい雰囲気です。

 

「本店との違いは、こちらでは韓国の流行の味を楽しんでいただけることです」と店長・金東昱(キム・ドンウク)さん。韓国の人気メニューであるサムギョプサルを主力に、いま韓国でブームの食べ方で提供しています。特徴は、まず肉をブロックの状態で練炭でひと炙りすること。「こうすることで余分な脂が落ち、肉の臭みも飛び、香ばしさが増します」と金さん。きな粉をまぶしたり、鉄板で溶かしたチーズをかけて食べるのもいま本国での流行りだといいます。


↑イチオシ商品の「サムギョプサルセット」(1人前1,836円・注文は2人前より)。ブタバラ肉(サムギョプサル)に、チヂミ、チシャ、サンジャン、ネギサラダ、白菜キムチ、韓国のり、自家製タレがついてこのお値段!かなりお得。追加で「手長タコ」(648円)や「焼き飯セット」(324円)なども。


↑写真は2人前。でてきたのは大きなブロック。この時点で、練炭でひと炙りされています。




↑韓国から仕入れた分厚い鉄板で、スタッフが目の前でサムギョプサルを焼いてくれます。肉厚なのでジューシーで食べ応えも十分!チシャに巻いたり、キムチと一緒に食べたり。このセットだけでもいろんな味が楽しめて大満足。

なんと、9月はこの「サムギョプサルセット」のお肉が食べ放題!このチャンスをお見逃しなく。

 

もう一つ注目なのが、「アワビサムゲタン」(3,456円・ハーフ1,836円)。滋養たっぷりのサムゲタンに、これまた滋養たっぷりのアワビを入れる食べ方もいま韓国で流行っているそうです。「韓国の情報を常にチェックし、これからも流行をどんどん取り入れていきます」と金さん。「わざわざ韓国まで旅行しなくても、こちらで最先端の味をお届けするのが目標なんです」と熱い思いを語ってくれました。


↑これは活力がでそう!「アワビサムゲタン」。ノーマルな「サムゲタン」もあり、数に限りがありますが予約しなくとも常時いただくことができます。

 

ほかにも、種類豊富なチヂミやチゲ鍋、韓国茶碗蒸し、チャプチェなど魅力的な一品料理がたくさん! また9月からは昼営業もスタート。サムゲタン、冷麺、サムギョプサルといったメイン料理に日替わり小鉢が2品ついて1,000前後の9種類のランチメニューが用意されます。ちなみに『でじや』の味は、日本人に合わせたものではなく本場そのものの味(辛さは調整できます)。スタッフも韓国の人たちが中心で、明るく優しく。プチ旅気分にも浸れますよ。


↑外はカリカリ、中はふんわりのチヂミは絶品!写真は一見ふつうのチヂミに見えますが、実は「激辛チヂミ」(1,058円)で、韓国で一番辛い唐辛子が入ています。ただ辛いだけでなく、生地や他の具材の味もしっかり味わえるのがポイント。でも、本当に抜群の辛さです…。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

サムギョプサル専門店 でじや

住所 中央区渡辺通2丁目2-10
TEL 092-724-3033
営業時間 11:30~14:30/17:00~翌1:00
定休日 不定
PAGE TOP