アート

気鋭の写真家・石川竜一による、リアルな沖縄の匂いを感じる写真展

※このイベントは2016年9月25日(日)をもって終了しました。

2016年08月30日 08:00 by JUN

2016年9月3日(土)~25日(日)、イムズ8Fの三菱地所アルティアムでは、気鋭の写真家・石川竜一の個展が開催されます。

 

《okinawan portraits 2010-2012》OP.000944 那覇,2011

 

新作《okinawan portraits 2012-2016》が全国に先駆けて公開されるほか、2015年に木村伊兵衛写真賞を受賞した《okinawan portraits 2010-2012》と《絶景のポリフォニー》も展示。

《okinawan portraits 2010-2012》は、2010年から3年間、沖縄の各地(那覇/宜野湾/浦添/うるま/読谷村/北谷町/宮古島/南城/国頭村/豊見城)で撮影された石川竜一の代表作であり、その作品の数々は、かの森山大道をして「一瞬、オレは石川竜一に嫉妬した」と言わしめたほど。

 

《絶景のポリフォニー》那覇,2012
 

基地問題や民族的な歴史などを背景に、数多くの写真家の被写体となってきた沖縄。石川による「沖縄」の写真にも、そうした政治的な問題や地域性が写し込まれていますが、それはあくまでも彼の生活圏内に“見えた”景色であり、風景の一部として写しとられています。

もう一つの代表作《絶景のポリフォニー》は、2009年から2014年にかけて沖縄で撮影された人物像と風景のイメージからなる写真シリーズ。「今この時と向き合う」ことを念頭に置き、写真を媒介にして自らと対峙し続ける石川の真骨頂ともいえる作品群です。

 

見ると、沖縄という土地がもつ独特の熱気や、人々の生き様にふれたような感覚を得られるはず。写真に切り取られた空間の匂いや被写体の息遣いをリアルに感じられる、石川竜一の作品群が放つ熱量を感じてみて。

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

石川竜一 okinawan portraits 2012-2016EVENT

期間 2016年9月3日(土)~2016年9月25日(日)
時間 10:00~20:00 ※会期中休館日なし
料金 一般400(300)円、学生300(200)円
※( )内は前売り料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
※再入場可
※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
イベント公式URL http://artium.jp/
お問い合わせ 三菱地所アルティアム(TEL:092-733-2050)
PAGE TOP