舞台

藤原竜也と山本裕典が李康白の四人芝居に挑む!『鱈々』

※このイベントは2016年11月27日(日)をもって終了しました。

2016年07月15日 08:00 by 筒井あや

韓国を代表する劇作家・李康白(イ・ガンペク)が1993年に発表した傑作4人芝居『鱈々(だらだら)』を、日本を代表する演出家・栗山民也が手掛け、藤原竜也と山本裕典が初共演。単調な毎日を送る倉庫番の2人の男を通して、現代社会の矛盾をあぶり出す。倉庫に暮らす兄弟のような間柄のジャーンとキームを藤原竜也と山本裕典が演じる。

韓国の演劇界の巨匠が90年代に発表した、心を揺さぶる4人芝居に期待大!!

【あらすじ】
長年、同じ倉庫で働き、倉庫の中で暮らしてきた二人の男。
ジャーン(藤原竜也)とキーム(山本裕典)。
二人の仕事は箱を指示通りに管理するだけの単調な毎日。
箱の中身を二人は知らない。

ジャーンは、自分に与えられた仕事を完全にこなすことが、
自分が価値ある存在であることを確かめる唯一の方法であると信じ、
ひたすら仕事に励む。
一方、キームは単調な生活に嫌気がさし、適当に働き、
夜は外で酒を飲み女と遊ぶ毎日を送っていた。

そんなある日、キームの遊び相手、ミス・ダーリン(中村ゆり)、
さらにトラック運転手である彼女の父(木場勝己)が倉庫に現れ、
二人の日常に変化が訪れる。
二人は、倉庫での暮らしを、このまま続けることができるのか。

 

公演は、11月26日(土)〜27日(日)キャナルシティ劇場にて。

チケットは7月16日(土)発売

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

鱈々(だらだら)EVENT

期間 2016年11月26日(土)~2016年11月27日(日)
時間 11/26(土)12:30・17:30、11/27(日)12:30
料金 S席9,800円、A席8,000円
チケット発売日 2016年7月16日
※未就学児童入場不可
お問い合わせ キャナルシティ劇場(TEL:092-271-6062)

プレイス情報PLACE

キャナルシティ劇場

住所 福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多ノースビル4F
TEL 092-271-6062
URL http://www.canalcitygekijo.com/
PAGE TOP