映画トピックス | 映画作品情報

今年で5回目を迎える《フランス映画祭2016 in 福岡》まもなく開幕!

※このイベントは2016年6月27日(月)をもって終了しました。

2016年06月14日 18:00 by JUN

フランス映画祭が今年も福岡にやってくる!6月26日(日)・27日(月)の2日間、選りすぐりのフランス映画をじっくり楽しめるプログラムが組まれています。

今年はTOHOシネマズ天神(ソラリア館)と、あじびホールの2会場で開催。初日に上映されるオープニング作品は、アルノー&ジャン=マリー・ラリユー監督の『パティとの二十一夜』。本作の上映後には、監督によるティーチインイベントやオープニングパーティが開催されるので、ぜひご参加を!

 

☆6月26日(日)のプログラム☆

●6月26日(日)11:00~(会場:あじびホール)
『カプリス』
(2015年/フランス/100分)
監督:エマニュエル・ムレ
出演:アナイス・ドゥムースティエ、エマニュエル・ムレ

教師をしているクレマンは、ひょんな事から大ファンだった有名女優アリシアと付き合うことになった。2人の付き合いは順調に見えたが、カプリスという若い女性が登場してからは複雑な展開に。優柔不断で押しに弱いクレマンは、自由奔放なカプリスに振り回され、アリシアとの仲にも危機が訪れる。そんな中、親友のトマがアリシアに接近していて……。

 

●6月26日(日)13:00~(会場:あじびホール)
『美しいとき』(2015年/フランス/105分)
監督:カトリーヌ・コルシニ
出演:セシル・ドゥ・フランス、イジア・イジュラン、ノエミ・ルボフスキー、ジャン=アンリ・コンペール、ルル・ハンセン、ケヴィン・アザイス

1971年。農家を営む両親のもとを出て、パリへ上京し自立をめざす23歳のデルフィーヌは、偶然乗り合わせたバスの中で、35歳のパリジェンヌで、熱心な女性解放運動の活動家のキャロルと出会う。キャロルにはマニュエルという男性の恋人がいたが、デルフィーヌとの運命的な出会いが、二人の女性の人生を一変させる。二人は激しく愛し合うようになり、デルフィーヌが田舎の実家に戻らなければならなくなると、キャロルは一緒について行くことに。しかしそこには、パリでの生活とは異なる現実が待っていた。

 

●6月26日(日)15:00~(会場:TOHOシネマズ天神 ソラリア館)
『愛と死の谷』(2015年/フランス/92分)
監督:ギヨーム・ニクルー
出演:イザベル・ユペール、ジェラール・ドパルデュー

離婚した夫婦、イザベルとジェラールが数年ぶりにカリフォルニアのデスバレーで再会する。二人は、半年前に自殺した息子のマイケルから、デスバレーの特定の場所に来てほしい、という奇妙な手紙を受け取っていた。二人で来てくれれば、その場にマイケルが現れるという……。

 

●6月26日(日)17:30~(会場:TOHOシネマズ天神 ソラリア館)
~オープニング上映作品~
『パティーとの二十一夜』(2015年/フランス/115分)
監督:アルノー&ジャン=マリー・ラリユー
出演:イザベル・カレ、カリン・ヴィアール、アンドレ・デュソリエ、セルジ・ロペス、ドゥニ・ラヴァン、マチルド・モニエ

盛夏。疎遠であった母が亡くなったと報せを受け、パリから南仏の小さな村に赴いたキャロリーヌ。母が遺した家に着くと、管理人のパティーが出迎えてくれた。二人は散歩に出かけるが、パティーは母の話もそこそこに、自分の性生活を赤裸々に語りはじめ、奥手のキャロリーヌは唖然とするばかり。そんな不思議な出会いのなか、母の遺体が消えてしまう……。

本作の上映後には、アルノー&ジャン=マリー・ラリユー監督を迎えて、ティーチインとオープニング・パーティーが開催されます。フランス映画の音楽やフレンチタッチのDJも併せて楽しめるイベントです。

《ティーチイン&オープニングパーティー》
・日時:2016年6月26日(日)19:30〜22:00 ※『パティーとの二十一夜』上映後
 19:30~ ティーチイン
 20:15~22:00 オープニング・パーティー(70名限定)
・パーティー会場:ESSEN tapas & grill(ソラリアプラザ7F)※オープニング上映会場と同フロア
・オープニング・パーティー券 料金:前売1,500円/当日2,000円
・チケット販売:アンスティチュ・フランセ九州受付窓口、もしくはPeatixにてお買い求めください

 

☆6月27日(月)のプログラム☆

●6月27日(月)11:00~(会場:あじびホール)
『年下のカレ』(2013年/フランス/92分)
監督:ダヴィッド・モロー 
出演:ヴィルジニー・エフィラ、ピエール・ニネ、シャルル・ベルリング

美人で野心家、仕事も完璧なアリス・ランタン、38歳。彼女は、担当する雑誌「Rebelle(ルベル)」の次期編集長を目指す、コンプレックスとは無縁の女である。しかし、まだ20歳にも満たないバルタザールという魅力的な青年と知り合ってからというもの、職場の同僚の目がなにか違う。出世のためにはそれも必要と、ありえない「恋愛ごっこ」に身を投じるアリスだったが……。

 

●6月27日(月)13:00~(会場:あじびホール)
『彼らについて』(2014年/フランス/86分)
監督:ジェローム・ボネル
出演:アナイス・ドゥムースティエ、フェリックス・モアティ、ソフィー・ヴェベーク

シャルロットとミーシャは理想的な若いカップルで、二人の愛の巣となる家を購入したばかり。しかし、シャルロットは数か月前から同性の恋人・メロディと付き合っていた。恋人の裏切りにはまったく気づいていないミーシャだったが、彼女の心が自分にないことは何となく感じていた。そして彼もまた浮気をしてしまう……それも、なんとメロディと!シャルロットともミーシャとも秘密を共有してしまい、そして二人を同時に好きになってしまったメロディは、この状況にすっかり眩惑されていたが……。

 

●6月27日(月)16:40~(会場:TOHOシネマズ天神 ソラリア館)
『パレス・ダウン』(2015年/フランス/91分)
監督:ニコラ・サーダ
出演:スティーシー・マーティン、ルイ=ド・ドゥ・ランクザン、ジーナ・マッキー、アルバ・ロルヴァケル

2008年11月、インドのムンバイで勃発した同時多発テロ事件は190名以上の犠牲者を出した。その標的の一つとなった、歴史ある五つ星ホテル“タージマハル・ホテル”で起こった惨劇を完全映画化。
家族の転勤でインドを訪れていた少女が、テロリストによる襲撃でホテル内に閉じ込められる。手元にあるのは携帯電話ひとつだけ。逃げ場のない客室に取り残された彼女は、果たして人質をとって立てこもるテロリストから逃れることはできるのか……。

 

●6月27日(月)18:45~(会場:TOHOシネマズ天神 ソラリア館)
『ショコラ』(2015年/フランス/119分)
監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール・シィ、ジェームス・ティエレ、クロティルド・エスム

1900年初頭フランス。フランス史上初の黒人芸人・ショコラと、かつて名声を博した白人芸人・フティットからなる黒人・白人デュオが巷を騒がせていた。人種差別が横行する時代に、人種も生まれも育ちも異なる2人が織りなす感動の実話。

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

フランス映画祭2016 in 福岡EVENT

期間 2016年6月26日(日)~2016年6月27日(月)
イベント公式URL http://www.institutfrancais.jp/kyushu/events-manager/festival-du-film-francais-a-fukuoka-2016/
●会場1:TOHOシネマズ天神 ソラリア館(福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ7F)
●会場2:あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F)
●料金:《一般》前売券1,200円/当日券1,500円
 ※クラブ・フランス会員、学生、60歳以上:前売・当日券ともに1,000円
 ※オープニング・パーティー券:前売1,500円/当日2,000円

★チケットのお買い求め★
●TOHOシネマズ天神 ソラリア館会場上映作品:
TOHOシネマズインターネット販売システム「vit」をご利用ください⇒https://www.tohotheater.jp/theater/056/info/event/unifrance-tenjin.html
※前日の6月25日(土)26日(日)20:00〜24:00の間は「vit」でチケット返券作業が行われる為、ご購入できませんのでご了承下さい
※当日券は会場窓口でお買い求めください

●オープニング・パーティー券:
アンスティチュ・フランセ九州受付窓口でお買い求めいただくか、Peatixをご利用ください⇒http://ptix.co/1PgVynO
※当日券は会場窓口でお買い求めください

●あじびホール会場上映作品:
アンスティチュ・フランセ九州受付窓口でお買い求めいただくか、Peatixをご利用ください⇒http://ptix.co/1PgVynO
※当日券は会場窓口でお買い求めください
PAGE TOP