舞台

中島敦の名作「山月記」が、現代を舞台に「音楽劇」として蘇る!

※このイベントは2016年6月14日(火)をもって終了しました。

2016年06月04日 10:00

福岡市を拠点に全国で活動する「14+」(フォーティーンプラス)。福岡での単独公演としては2年ぶりとなる今作は、国語の教科書にも度々採用される中島敦の名作短編小説「山月記」を題材に、オリジナルの楽曲とダンスも盛り込んだ音楽劇です。

脚本は熊本在住の作家・川津羊太郎氏が執筆。原作の持つ空気感を大切にしながらも大胆に脚色。演劇ファンのみならず、普段演劇に馴染みのない青少年や親子連れにも楽しめる作品に仕上がっているんだそう。

トラになってしまった主人公・サトナガが抱えていた「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」とは何だったのか? 妄想の樹海をさまようサトナガを、友人のエンドウは救うことができるのか?大興奮の舞台をお楽しみに!14+の音楽劇「サンゲツキ」は、福岡市立中央市民センターにて、6月14日(火)に公演。

14+の音楽劇「サンゲツキ」EVENT

期間 2016年6月14日(火)
時間 19:00
料金 一般前売2,500円(当日2,800円)、学生前売1,000円(当日1,300円)、ペア4,500円(前売のみ)、親子ペア3,000円(前売のみ)
※学生は小学生~大学生になります
※親子ペアは、一般1枚+学生1枚のセット券
主催者URL http://www.fourteen-plus.com/
●会場:福岡市立中央市民センター(福岡市中央区赤坂2丁目5番8号)
お問い合わせ フォーティーンプラス(TEL:090-9487-6412)
PAGE TOP