舞台

ナチスの同性愛者迫害描く舞台『BENT』に佐々木蔵之介が挑む!

※このイベントは2016年8月16日(火)をもって終了しました。

2016年05月13日 08:00 by 筒井あや

ナチスドイツの支配によって
絶望と暗闇だけに覆われていた強制収容所。
そんな過酷で救いのない状況下においても
人間の愛と尊厳を失わずに生きた男たちの物語。

舞台はナチス政権下のドイツ。ナチスがユダヤ人を大量虐殺した事実は広く知られていますが、その残虐極まりない時代に、ユダヤ人ではなくても過酷な運命を強いられた人間たちがいた。
ユダヤ人がダビデの星、つまりは黄色い星を胸につけることを強要されていた同じ時、胸にピンクの星を付けることを強要され、虐殺されていった人たち。 それは同性愛者だったのです。その数は実に25万~30万人にも及んだといいます。黄色の星の運命よりもさらに過酷な扱いを受けた人々の、知られざる事実。
『BENT(ベント)』は過酷な運命に翻弄された一握りの人々を描いた、いつの時代にも訴えかける究極の愛の物語です。

『BENT(ベント)』は1979年にロンドン・ナショナルシアターで上演されたマーティン・シャーマンの戯曲。ナチス政権下の、強制収容所で出会った男たち。差別や迫害を受けながら絶望の中でも人間の愛と尊厳を守り抜いた、同性愛者のユダヤ人男性たちのドラマ。ハードな内容でありつつも、人間心理の奥深さが描かれ、上演のたびに反響を呼んでいる。日本ではパルコ劇場にて1986年に役所広司、2004年に椎名桔平主演で上演されている。

この名作ドラマに、佐々木蔵之介が挑む。演出には、今一番活躍が注目されている森新太郎を迎え、新たな『BENT(ベント)』が誕生。
共演には、北村有起哉、新納慎也、中島歩、小柳友、など、多彩で豪華な俳優陣が揃った。

 

福岡公演は8月16日(火)福岡市民会館にて

チケット一般発売は5月21日(土)


 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PARCO PRODUCE 『BENT ベント』EVENT

期間 2016年8月16日(火)
時間 18:00開場 18:30開演
料金 全席指定 8,500円
U25[25歳以下]5,000円(当日座席指定・要身分証提示)
チケット発売日 2016年5月21日
主催者URL http://www.picnic-net.com
イベント公式URL http://www.parco-play.com/web/play/bent2016/
お問い合わせ ピクニックチケットセンター(TEL:050-3539-8330 /平日11:00〜17:00)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP