グルメ | まち

路地を歩けば、いい顔に当たる。渡辺5丁目×路地裏エキスパート

2016年05月04日 12:00

●路地をくぐり抜けて潜りこめ、「路地裏」へ
大丸福岡天神店から徒歩1分。国体道路を渡り、フレッシュネスバーガーの横をすり抜けて路地に入る。右手に焼肉屋「金剛園」の赤い看板が見えたら右に折れる。人様の家の敷地のような通路。ここが「路地裏カレー Tiki」へのアプローチだ。

路地ではなく、路地のそのまた裏に姿を隠した「路地裏カレー」が百貨店のお向かいさんとは。天神のまちの懐は想像以上、まだまだ深い。

 

「昔、友達が住んでいた場所なんです。古い民家だったけど、大家さんに聞いたら飲食店をやってもいいよってことで…」と「Tiki」店主のトシさん。「Tiki」とはハワイの神さまだけに(また神様登場!!)内装はハワイのローカルサイドなテイスト。2F席からぼーっと屋根で遊ぶ路地裏のネコを眺めていると、時間の流れがまたたく間にストップ。今ここ、天神だっけ?な錯覚が気持ちいい。

カレーはトシさんが独学でレシピ開発したスパイスカレー。最近は人気のあまり11時から店をあけるようになり、開店後すぐにカウンターが埋っていく。毎日売り切れ御免とあって13時半に店を閉めることも。必ず食べたい方はくれぐれもお早めに。ハンドメイドの木製看板が路地から消えたら、それが売り切れの合図だ。

実はトシさんは、福岡路地系の店のエキスパート。渡辺通りの路地に「ボラボラ」、国体道路の古ビルに「EXIT」、また今泉のカオスビル・新天神ビル(表紙のビル)に「ノイズ」をつくった人。自身も路地の懐の深さが好き。そして路地に愛されている人なのである。

 

スパイシーチキンカレー800円(写真)ほか全4種のカレー有り。タイ産青唐辛子・プリッキーを10本まで無料追加OK。「いつもの、3本、大盛り」なんて頼み方をしている常連も。

 


トシさんのおすすめは2F席。ひとつの窓からはネコがたわむれる路地裏景色を。もうひとつの窓からは大丸福岡天神店の壁が見えるというファンタジスタっぷり。ハワイのおばあちゃんちのような雰囲気。席数はカウンター8席、2F・17席ほど。

 


●路地らしさを、今のうちに!?
国体道路のフレッシュネスバーガー奥の路地には人気の「炉端 雷橋」「walker juice」「中華そば郷屋」「ワインバー夢吉」などが並ぶ。川にかかる橋は雷橋と呼ばれ、その手前に新店「リバーサイドコマツ」が4月OPEN予定。一方、天神ビッグバンの再開発エリアなので、今の風景がいつまで保たれるかは不透明。トシさん曰く「あと5年はこのままがいい!」。理由はご本人に♪


今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP