舞台

村上龍原作「コインロッカー・ベイビーズ」舞台化決定!

※このイベントは2016年6月25日(土)をもって終了しました。

2016年05月02日 18:00 by 筒井あや

1980年に発表された村上龍・原作の「コインロッカー・ベイビーズ」。発表当時は、衝撃的なセンセーショナルとともに、近未来のSF小説のようにもとらえられていましたが、今あらためて読み返してみると、今日の若者の「魂の 叫び」のようにも感じられます。コインロッカー・ベイビーズとは、キクとハシ二人のことを指し、彼らを主軸に現代を痛切に描写されています。
密閉されたコインロッカーの中。そこで何も出来ない、何をしても無駄に終わってしまうという、無力感。それは葛藤や屈服、反抗、逃走…そうした姿で今日の若者を表わす、激しくもせつない物語。

コインロッカーベイビーズは、生きる音を求め、失敗を繰り返す。あらがえない壁を壊すこと…東京の破壊や、妊婦を殺そうとして音を求めたりもしますが、殺害や破壊では求めるものが手に入らないことを知る。生きることは、自分たちを支配する、絶対的強者を破壊し、心臓の音を探し当てることで、 二人はコインロッカーから解放され、初めて生を受けます。このメッセージを、舞台という「ライブ」の空間でその息吹をいっしょに体験できるのが、舞台「コインロッカー・ベイビーズ」。

コインロッカーに捨てられた二人の少年、ハシとキク。現代を生きる若者の代弁者ともいえる二人を演じるのはA.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人。若者の持つエネルギー、純粋さ、可能性、そしてもがきを この二人が熱く、そしてフルコミットで表現します。

二人の少年の痛く、切ない物語を、ぜひ劇場で!

公演は6月24日(金)25日(土)福岡市民会館にて

チケットは好評発売中!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

コインロッカー・ベイビーズEVENT

期間 2016年6月24日(金)~2016年6月25日(土)
時間 6/24(金)18:30,6/25(土)13:00
料金 S席 10,000円、A席 8,000円  
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp/
※未就学児童入場不可
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:092-714-0159)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP