映画トピックス | ひと

映画『ズートピア』公開記念トークショーにDream Amiさんが登場!

2016年04月21日 08:00 by JUN

ディズニーが贈る、最高にユニークな動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』。アメリカで公開されるや、『アナと雪の女王』『ベイマックス』を大幅に超え、ディズニー・アニメーション史上最高のオープニング記録を樹立したことでも話題になっている本作は、4月23日(土)より、いよいよ日本でも公開されます。

 

このたび、映画の公開を記念して、「夢」をテーマにしたスペシャルトークイベントがソラリアプラザ1Fのイベントスペース・ゼファで行われました。ゲストは、『ズートピア』の日本版主題歌「トライ・エヴリシング」を歌うDream Amiさん!映画や楽曲のこと、また“夢”について、お話を聞かせてくれました。

 

 

――『ズートピア』をご覧になった感想は?

Dream Ami:動物の世界のお話だということを最初に聞いていたので、子ども向けの映画であって、大人向きではないのかな?と思っていたのですが、観たら全然違っていて、動物の世界のお話とは言え、人間界に通じるところがたくさんありました。主人公のウサギのジュディが何度も何度も壁にぶち当たったり失敗したりしながら、それでも負けずに、諦めずに頑張っていくという姿に私自身も背中を押されましたし、色んなことを教えてくれる映画だなぁと思いました。

 

――主題歌を歌うことが決まった時、どのようなお気持ちでしたか?

Dream Ami:とても驚きました。私自身、小さい時から映画はもちろんキャラクターなど、ディズニーの世界が大好きで、ディズニーと共に育ってきたような感じなので、いつかディズニーに携わるお仕事ができたらいいなと思っていました。でも、まさか映画の主題歌を歌わせて頂ける時が来るなんて夢にも思っていなかったので、いきなり夢が叶ってしまったような感じで、とても嬉しかったです。

 

 

――主題歌「トライ・エヴリシング」は、ジュディが故郷を離れて、夢を叶えるために大都会ズートピアへ旅立つシーンで流れます。そのシーンをご覧になっていかがでしたか?

Dream Ami:あのシーンはすごく印象的で、夢と希望を持ってズートピアへ向かうジュディの心境が、大阪から上京した時の自分とすごく重なるような感覚でした。そんなシーンに自分の歌声が聴こえてきて、すごく不思議な感じがしましたね。

 

――最後にメッセージをお願いします。

Dream Ami:『ズートピア』は、夢を持っている人の背中を押したいというメッセージ性の強い映画です。ジュディが夢を叶えていく姿をご覧になって、皆さんの背中を押すことが出来たら良いなと思っています。私も、夢を叶えるために皆さんと一緒にがんばっていきたいと、改めて強く思いました。

 

©2016 Disney. All Rights Reserved.

 

 

●映画『ズートピア』
動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったの は、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?「アナと雪の女王」 「ベイマックス」のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー。

【公開】2016年4月23日(土)より、TOHOシネマズ天神、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多ほかにて2D/3D全国ロードショー

【オフィシャルサイト】http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP