映画トピックス

新たなる映画人類の誕生を目撃せよ!【第37回 PFF ぴあフィルムフェスティバル in 福岡】開催。

※このイベントは2016年5月1日(日)をもって終了しました。

2016年04月04日 08:00 by JUN

“映画の新しい才能の発見と育成”“映画の新しい環境づくり”がテーマの「PFF ぴあフィルムフェスティバル」は、当時まだ観る機会の少なかったインディペンデント映画の面白さを広く伝えるため、1977年より東京でスタートした映画祭。

メインプログラムは開催当初より続く、世界でも珍しい自主製作映画のコンペティション「PFFアワード」で、過去の入選者は、園子温監督、塚本晋也監督、荻上直子監督など、現在プロとして活躍している映画監督が多数。若く新しい才能が集う場所としても広く認知されています。

このたび、第37回目の開催となる「PFF ぴあフィルムフェスティバル」が福岡に巡回します。メインの「PFFアワード2015」では、577本の応募作の中から厳正な審査を経て選出された20本の入選作品を一挙上映。入選作品中、PFFアワード2015でグランプリを獲得した杉本大地監督の『あるみち』は、第66回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門で正式上映されるなど、話題性もバツグン!また、初日の4月29日(金・祝)には、審査員特別賞受賞作『嘘と汚れ』の猪狩裕子監督(当日11:00〜)と、『みんな蒸してやる』の大河原恵監督(当日17:00〜)が会場に来場予定です。

招待作品部門では、ゴダール、ヴェンダース、スコセッシら世界の名匠が憧れた奇跡の作家サミュエル・フラーを特集。4月30日(土)17:00より、フラー最後の映画となった『ストリート・オブ・ノー・リターン』の35mmフィルム特別上映が決定しています。

4月29日(金・祝)〜5月1日(日)の3日間の開催中、作品はすべて1度限りの上映となっています。上映作品の詳細や上映スケジュールなど、詳しくは「第37回 PFF ぴあフィルムフェスティバル in 福岡」の公式サイトをご参照ください。
http://pff.jp/37th/


『あるみち』監督:杉本大地


『嘘と汚れ』監督:猪狩裕子
『みんな蒸してやる』監督:大河原恵

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

第37回 PFF ぴあフィルムフェスティバル in 福岡EVENT

期間 2016年4月29日(金・祝)~2016年5月1日(日)
料金 《全席自由席》<1回券> 前売700円(当日900円)/<3回券>1,800円(当日2,400円)/<当日学生券(要学生証提示)>600円

◇前売券の購入方法◇
【1回券・3回券ともにPコード466-532】
★チケットぴあにて販売。お近くのチケットぴあの店、もしくはサークルK・サンクス、セブン-イレブンにて直接購入できます(発券手数料として1枚あたり108円がかかります)。

★インターネットでの購入はコチラ⇒http://pia.jp/t/pff/
★電話予約後、チケットぴあ、サークルK・サンクス、セブン-イレブンでチケット受け取りもできます。【チケットぴあ音声認識予約 TEL:0570-02-9999】
(インターネット、電話予約で購入の場合、発見手数料およびシステム使用料として、チケット1枚あたり324円がかかります)

≪ご注意事項≫
※前売券の販売は4月28日(木)まで。それ以降は当日券を販売。
※前売券の払い戻し、交換、再発行は不可。
※福岡市総合図書館での前売券販売はありません。
※当日券は各プログラムの1時間前から販売。
※当日学生券で入場する際、要学生証提示。
 
イベント公式URL http://pff.jp/
●会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/
お問い合わせ PFF事務局(TEL:03-5774-5296)
平日11:00〜18:00
PAGE TOP