音楽

人気急上昇中!メインダンサー&バックヴォーカルグループ「超特急」が、新曲を引っさげて全国ホールツアーを開催!5月に福岡公演も!

※このイベントは2016年5月20日(金)をもって終了しました。

2016年03月17日 18:00 by 筒井あや

史上初!メインダンサー&バックヴォーカルグループ「超特急」は、ダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、 タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、ヴォーカルのコーイチ(1号車)、タカシ(7号車)からなる7人組。
エンタテイメント性の高いパフォーマンスと、<8号車>と呼ばれるファンとの一体感ある参加型ライブが話題を呼び、昨年、東京・代々木競技場第一体育館公演(2days)の成功や、海外ライブで初“開通”を果たすなど、今最も注目度の高いグループ。

今回は3月2日には遠藤憲一・渡部篤郎W主演ドラマ「お義父さんと呼ばせて」とタイアップした主題歌『Yell(エール)』を発売。この新曲を引っさげて、超特急春の全国ツアー「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism」を開催。5月20日(金)には福岡市民会館でライブが行われます。

ライブに先駆けて、ダンサーのカイ(2号車)さん、ユーキ(5号車)さん、ユースケ(6号車)さんが来福し、ライブに向けた熱いメッセージをくれました!

■今回ドラマの主題歌となった新曲は、超特急にはめずらしくバラードですね。最初に聴かれたときはいかがでしたか?

カイ
僕が始めに聴いたのはヴォーカルが入っていない、デモ曲だったんです。今までの「超特急」ぽくないなというか、今までとは色が違うなと感じましたね。で、改めてヴォーカルが入った曲を聴くと、不思議と「やっぱ超特急の曲だな」って。二人の声が入ることによって、曲が生まれ変わるんだなと感じましたね。

ユウキ
今までのシングル楽曲がすごく個性が強かったので、第一印象は、いつもの「超特急」じゃないなという感じはしたんですけど、何度も聴き込んでいく内に、この曲で「超特急」の新たな一面が見えるんじゃないかな?という期待がわいてきました。シングルとして、こういうミディアムバラードができるのはすごくうれしいですし、新しい一面を観ていただけるんだなと思いました。

ユースケ
僕も同じ意見なんですが、今までの楽曲がすごく個性が強かったので、「超特急」らしさというのが、いい意味でなかったですね。でも11枚目にしてこういう定番ソングで勝負ができるのはすごくうれしいなと思いますし、この曲を聴いてくださった方が、結婚とかだけではなく、何かに向かう時に、背中を押せる楽曲になったらいいなと思っています。

■個人的に挑戦したいことはありますか?
(※今回のライブツアーは、初の生バンドを引き連れた「Body&Groovin’」、全力パフォーマンスがメインの「Shout & Body」の2つのテーマに分けて開催)

カイ
僕は「Body&Groovin」という生バンドの方なんですけど、これまでの楽曲のアレンジが変わる曲もあって、今まではアップテンポでガンガン踊ってい曲が、アコースティックの感じになっているけど、踊りは同じだったりするんです。だから今まで以上に、丁寧に指先までの動きの美しさというのが要求されると思うので、そういう細かい部分にも目を向けて、観てくださる人がどこを切り取っても美しいなと感じてもらえるように、やりたいなと思っています。

ユーキ
2つのライブは、全然違うんですけど、タイトルが「Synchronism」というように、2つのライブがどこか重なり合うような、ところがあるんです。僕の中では「Body&Groovin」というタイトル通り、僕たちならではのグルーブをダンスで表現できたらと思っていますね。それぞれが持つ、グルーブをもっともっと感じてもらえるようなライブにできたらと思っています。

ユースケ
挑戦してみたいことは変顔をしないことです。今までのツアーではすごく変顔をしていて、10代でしかできないこと、10代の中でやってきた変顔があるんですけど、もう変顔を一旦封印してみようかと思っています。「Shout&Body」の方は、超特急らしいパフォーマンスなので、やっていきますけど(笑)。「Body&Groovin」はそういう感じじゃないんですよ。生バンドが入ったりしているので、我慢して変顔をしないというのを、挑戦してみたいなと。今回は楽曲の世界にしっかり入ってみようかなと。今まで入れてなかったんです(笑)。そろそろ、みんなの輪に入らないといけないなと。二十歳にもなりまして、大人にならなきゃと感じましたので、大人になっていく超特急をぜひ観ていただきたいですね。


メインダンサー&バックヴォーカルグループという新たな分野をミュージックシーンに生み出した「超特急」今年はメンバー全員が二十歳を超え、少しずつ大人のパフォーマンスを魅せていきたいと熱く語ってくれました。

超特急春の全国ツアー『 LIVE TOUR 2016 Synchronism〜Body & Groovin’〜』福岡公演は、
5月20日(金) 福岡市民会館にて開催。
チケットは3月26日(土)発売!




【1】左から、カイ(2号車)さん、ユーキ(5号車)さん、ユースケ(6号車)さん

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

超特急春の全国ツアー『 LIVE TOUR 2016 Synchronism〜Body & Groovin’〜』福岡公演EVENT

期間 2016年5月20日(金)
時間 開場 17:30/開演 18:30
料金 指定席/ファミリー号車席-6,480円
チケット発売日 2016年3月26日
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp
●会場:福岡市民会館

※3歳以上はチケットが必要となります。3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。(ただしお席が必要な場合はチケットが必要です)
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:092-714-0159)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP