ショッピング | イベント

有田焼、400年の魅力に迫る大展覧会へ行こう!

※このイベントは2016年3月14日(月)をもって終了しました。

2016年03月03日 12:00 by S子

佐賀県の有田と言えば、言わずと知れた焼きものの町。日常使いの器から人間国宝の作品まで、様々な焼きものを生み出す、国内でも有数の産地です。

そして今年2016年は、有田に窯が開かれて400年の節目の年。それを記念して、福岡三越では3月9日(水)から14日(月)まで、「400年 有田の魅力展」と題した大展覧会が開かれます。

9Fの「三越ギャラリー」全フロアを使って開催される今回のイベントでまず注目すべきは、人間国宝である井上萬二、十四代今泉今右衛門、中島宏をはじめ、十五代酒井田柿右衛門などの現代の有田の名匠の作品展。その豪華な顔ぶれは、この展覧会だからこそ実現したもの。400年の歴史を脈々と受け継いできた逸品の佇まいを、ぜひ会場で堪能してみて。

さらに会場では、江戸時代の有田焼を蒐集してきた柴田夫妻のコレクションの中から、手のひらサイズの「おてしょ皿」の型を最新の技術で復元して、若手を中心とした約20の窯元が個性あふれる絵付けを施した「現代版 おてしょ皿」を販売。取り皿や薬味皿など様々な用途で使えるものも多く、1枚918円からとお手頃なのも魅力です(それぞれ数には限りがあります)。

ほかにも、有田焼の「上絵付けワークショップ」(3月9日〜14日、11時からと14時からの2回 ※所要時間約60分、定員各回8名、参加費2,700円、要予約)や、約50客の有田焼のコーヒーカップより好みのものを選び、コーヒーがいただける「有田CAFE」もオープン(有料)。

もちろん、有田焼の歴史についての展示もあり、すでに焼きものが大好きだとう人も、これから焼きものについて知っていきたいという初心者も、存分に楽しめること間違いなしです!

日本の文化に触れたくなる春。まずはここから始めてみては?


【1】後にも先にも、巨匠の作品が一堂に集まる機会にはお目にかかれないかも…。【2】いくつも欲しくなりそう!「おてしょ皿」。

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

400年 有田の魅力展EVENT

期間 2016年3月9日(水)~2016年3月14日(月)
時間 10:00〜20:00 ※最終日は17:00閉場
●会場:福岡三越 9F 三越ギャラリー

プレイス情報PLACE

福岡三越

住所 福岡市中央区天神2丁目1−1
TEL 092-724-3111
PAGE TOP