舞台

寺山修司が美輪明宏に捧げた伝説的名作『毛皮のマリー』妖しくも哀しい物語が頽廃美あふれるゴージャスにして魅惑的な世界。

※このイベントは2016年5月17日(火)をもって終了しました。

2016年02月14日 08:00 by 筒井あや

寺山修司が美輪明宏に捧げた伝統的名作『毛皮のマリー』は、耽美・エロ・グロ・ロマンなど、視覚的に感覚的に、さまざまな要素をちりばめながら、家族のあり方や生きることの意味を描いており、また、母性の欠如、家族の崩壊が問われる現代にも通じる普遍的なテーマを持つ作品。

美輪明宏の芝居創りは、第一に、渋澤龍彦、川端康成、安岡章太郎、三島由紀夫など文壇のトップと対等に渡り合ってきた美輪氏の文学センス、行間を的確に読み説く理解力の深さ・鋭さによります。

第二に文学・演劇・音楽のみならず絵画・彫刻・映画など芸術全般にわたるその造詣の深さ。時代背景・社会背景をもとにしたファッション・風俗などの知識の豊富さ。すべての物事を、本質的に捉える観察力。これらの鋭い理解力・知識などを核に、無駄なく必要十分にそして変幻自在・縦横無尽に巧みな技術を使い表現するその演技術。と同時にエンタテイメントとして、実は深遠なテーマを、分かりやすく劇的に表現し、観客を魅了してしまう演出力。

これらすべてが一体化し見るものの心を奪い、実績を積み重ねてきているのが美輪明宏演出作品。妖しくも哀しい物語が頽廃美あふれるゴージャスにして魅惑的な世界として描かれる『毛皮のマリー』。なんと今回、7年ぶりの再演となります。

寺山幻想演劇×美輪ワールドの金字塔をお見逃しなく!

『毛皮のマリー』は、5月17日(火)福岡市民会館にて。
チケットは2月20日(土)発売。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

毛皮のマリーEVENT

期間 2016年5月17日(火)
時間 18:00開場 18:30開演
料金 S席-11,000円、A席-8,500円、B席-5,000円 
チケット発売日 2016年2月20日
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp
●会場:福岡市民会館

※未就学児童入場不可
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:092-714-0159)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP