舞台

戸塚祥太が寝盗られる!? 20代最後に素っ裸で挑む!大人の色気満載の衝撃舞台『寝盗られ宗介』

※このイベントは2016年5月4日(水・祝)をもって終了しました。

2016年02月11日 12:00 by 筒井あや

チケット争奪戦になること間違いなしの、名作舞台のご紹介です!

『寝盗られ宗介』は、女房への愛の昂揚のため、幾度となく女房を他の男と駆け落ちさせるドサ回り一座の座長・宗介を軸に、個性豊かで一癖も二癖もある座員たちの姿を通して、男女の愛とは何か、人情とは何かを描く、大人の色気満載の喜劇作品。数あるつかこうへい作品の中でも人情に関して描かれた作品は珍しく、かつドラマチックな芝居構成で、初演は大きな話題となりました。

そして、2016年に迎えるつかこうへいの七回忌を偲び、錦織一清とABC−Zの戸塚祥太のゴールデンコンビが再びタッグを組み、衝撃作『寝盗られ宗介』に挑む!

【ものがたり】
東北地方のとあるのどかな町。
客のざわめきをよそに北村宗介一座の宗介は、座員のマナブと駆け落ちした一座の看板スターで女房のレイ子を待っていた。レイ子の父親の留造やレイ子の後釜におさまろうとする晴江らを前に、実は自ら駆け落ちを画策した宗介は「帰って来る!」というばかり。
やむなく幕をあけるが、スター不在の歌謡ショウに客は騒ぎはじめる。
なんとかして間をつないでいるうちにレイ子が帰って来た。そしてレイ子が舞台に立つや客は彼女に見とれ、ため息と涙の大合唱となった。宗介は、間男のマナブに寛大に接し、また、レイ子をやさしく受け入れることで“勝った”と感じ、そのことでレイ子への愛情を昂揚させているのだった。
宗介の実家は、花巻で建設会社をやっており、女グセの悪かった父親は、現在は病院で寝たきりとなり、もう長くない。宗介は、ちょうど新しく建つ地元のホールでの杮落としを頼まれ、そこで、嫁さんを連れて帰ると約束していた。 しかし宗介は、照れから再び駆け落ちをけしかける。二人を見送る晴江は微笑み、座員のすずこやジミーも一座を出て東京へ行くと言いだす。
そんな一座がガタガタの状態で、花巻公演を迎えるが、当日になってもレイ子は戻って来ない。会場には病床の父親も点滴、酸素吸入をしながら駆けつけ、いよいよ幕があがり、舞台で宗介が渾身の演技をするがレイ子は帰らず…。
ついに宗介は父親との約束を守るべく一座のリリーと式をあげることを決意するが、父親の容態が急変。そして舞台には万雷の拍手に迎えられたピンスポットが灯るだけ…。
果たしてレイ子は帰ってくるのか…。

天神じゃないけど、これはぜひご覧ください〜!
『寝盗られ宗介』は、5月3日(火・祝)5月4日(水・祝)ももちパレスにて。
チケットは2月14日(日)発売!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

寝盗られ宗介EVENT

期間 2016年5月3日(火・祝)~2016年5月4日(水・祝)
時間 5/3(火・祝)13:00・17:00、5/4(水・祝)13:00
料金 全席指定-8,500円
チケット発売日 2016年2月14日
主催者URL http://www.picnic-net.com/
●会場:ももちパレス

※未就学児童入場不可
お問い合わせ ピクニックチケットセンター(TEL:050-3539-8330)
PAGE TOP