グルメ

西鉄沿線って実は福岡の「酒どころ」

2016年01月17日 12:00

西鉄天神大牟田線には、酒どころという横顔もある。
日本酒がおいしいこの季節、電車にのって酒蔵のあるまちへ。

西鉄の路線図と、福岡県の酒蔵マップを組み合わせてみると、その沿線には、みっちりと酒蔵が集っている。いちばんの密集地帯は、天神大牟田線の大善寺駅と三潴駅のまわり。前述の城島エリア(久留米市)。筑後川がどんと流れるこの地域、米や酒の運搬に長けていたのだろう。

また天神から特急でわずか14分の二日市駅(天神大牟田線)近くには、福岡最古の酒蔵もある。さらには宮の陣駅から分岐する甘木線沿線にもぽつぽつと酒蔵の姿が。

西鉄沿線は「酒どころ」。電車で効率良くまわれば、1日で全エリア制覇も夢じゃない。
しかも福岡の酒蔵は、一大産地の灘や伏見に比べると小規模経営。それゆえ蔵の個性が光る銘柄が多いし、季節の限定酒など杜氏の遊び心と探求心が重なる酒にも出会える。

ということで、これから紹介する西鉄沿線の酒蔵。どこも駅から徒歩5分以内で“駅前酒蔵”の好立地だ。酒蔵びらきでない日も酒の購入はできるので、思い立ったらすぐに、電車で日本酒を。

●天神周辺で福岡の酒を飲むなら「福蔵」へ行こう
天神から歩いて約5分。国体道路の春吉交差点手前にある日本酒バー。女性スタッフがおいしい福岡の酒を教えてくれる。カウンター席中心なのでひとり飲みも心地よし。昼飲みウエルカム。

【SakeBar 福蔵(ふっくら)】
●住所:福岡市中央区西中洲11-1浦ビル1F
●電話:092-732-3010
●営業時間:15:00〜22:00
●定休日:不定休


※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/
PAGE TOP