グルメ

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

2015年12月30日 08:00 by S子

年末に福岡から地元へ帰る人、そして年末年始を福岡で過ごし、再び生活拠点へ戻っていく人にとって、欠かせないものと言えば「おみやげ」。ならば“ここだけでしか買えない”プレミアなおみやげで、家族や友人を喜ばせちゃいましょ!

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

足を運んだのは福岡三越地下2階の「菓遊庵」。全国各地から選りすぐりの銘菓を集めた“お菓子のセレクトショップ”です。

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

一角には、月替りでテーマを立てたコーナーが設けられており、今なら12月のテーマ「迎春」にマッチした伝統の祝い菓子や、縁起もののモチーフを取り入れたお菓子などが集められています。

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

その中で惹かれた1品がこちら。創業明治23年の江戸和菓子の老舗「銀座 菊廼舎(きくのや)」さんの看板商品「風貴寄(ふきよせ)」、そのお正月限定版である「開運干支缶」(1,728円)です。

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

箱の中から現れたのは、縁起もののモチーフがたくさん描かれた宝づくし紋の缶。マットな赤と銀の色合わせも「特別感」を感じさせてくれます。

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

そして蓋を開けるとこの華やかさ! その場に立ち会った人全員が思わず「わぁ!」と声を上げること間違いなし!

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

「干支缶」らしく、真ん中には、2016年の干支「猿」を描いたおせんべいが鎮座。口に入れるとしゅわっと溶ける、軽やかな食感のおせんべいです。

年末年始の福岡みやげは、三越で見つけた「風貴寄」に決定!

鯛や松といったおめでたいモチーフ、桜やうぐいすといった春のモチーフ、そして「菊」「廼」「舎」と、店名を型押ししたものは、ぜひお抹茶と楽しみたい干菓子で表現。その周りには、サクサクッとしたクッキーに金平糖、黒豆、クルミなどがぎっしりと詰まっています。菓遊庵担当の田中さん曰く「小さなお子さまから、お年を召した方まで、幅広い世代の方が一緒に楽しめるお菓子なんです」。まさに、お正月にぴったり。 目上の方にお渡しすると、きちんとした印象も持って頂けそうですね。高速バスに乗る前に要チェックですよ!

【菓遊庵】
●住所:福岡市中央区天神2丁目1-1 福岡三越B2F
●電話:092-724-3111(代)
●営業時間:10:00〜20:00

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP