グルメ

天神のど真ん中でいただく、糸島の海の幸と大地の恵み

2015年12月28日 10:00 by 木下 貴子

都会でありながら車を少し走らせれば自然に恵まれる福岡。食についても同様で、近郊で獲れる食材の美味しいこと! なかでも近年注目を集めるのが糸島エリア。糸島産食材を扱う店も多くなりましたが、11月にオープンしたこちら『た鶴』は、頭に『伊都の恵み』とあるように、食材のほとんどが糸島産です。

市内に8店舗の系列店があり、これまで培ってきたコネクションや経験が強く生かされています。店内に設置された生簀では魚やイカが元気に泳いでいますが、それらは糸島・野北漁港の漁師から直接買い付け活魚車で運んできたもの。目利きの料理長が現地に出向いて魚を選ぶとこから、捌き、調理するところまで一手を引き受けます。鮮度はもちろん身の締りや脂の乗り具合も抜群な魚は、活き造りをはじめ、刺身、焼き、揚げ、煮など全般で楽しめます。

野菜も糸島の八百屋から直接仕入れます。厳選された糸島野菜は味わい深く、彩りも鮮やかで見栄えもよいため、炉端焼きなどシンプルな調理方法で美味しさを伝えます。その特徴を最大限に味わえるのが、店長・鶴田代也さんイチオシの「冷製バーニャカウダ」(980円)。採れたて野菜7〜8種を、白みそを加えたソースでいただく和風バーニャカウダです。

料理は有田焼の器で提供し、その有田で縁を結んだ酒屋さん厳選の日本酒を揃えます。また肉料理も人気…といろいろ特徴はありますが、素材のよさと手頃な価格が最大の魅力。「仕入れから調理まで自社ですべて賄うため価格が抑えられるんです」とマネージャーの中山浩司さん。本格料理でありながら、居酒屋の価格帯というコストパフォーマンス! 様々な利用ができそうですが、とりわけ来福客を連れて行きたい店として覚えておきたい店です。


【1】「槍烏賊の活き造り」(2000円〜)。お刺身の後は、天ぷら、塩焼き、全部刺しのいずれかが選べます
【2】4〜70名までの掘りごたつ式個室を完備(写真は4〜6名用)。職人が調理する様子が楽しめるカウンター席も人気です

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

活魚+炉ばた×日本酒 伊都の恵み た鶴

住所 福岡市中央区天神1丁目15−14  高木ビル2F
TEL 092-724-1234
営業時間 17:00〜翌1:00(OS24:00)
定休日 なし(1月1日)
PAGE TOP