グルメ

路地裏で和洋折衷の創作料理に舌鼓を。

2015年11月11日 15:00 by 山田 祐一郎

国体道路から一歩入った路地裏。そんなちょっと隠れ家的なロケーションに10月、和洋折衷の料理が楽しめるダイニングがオープンしました。「壱岐っ子 ダイニング」は人気焼鳥店「634(むさし)」が入るテナントビルの2Fにあります。

料理隊長こと店主・AKIRAさんが作る創作料理は丁寧に引いた出汁がベース。基本を抑えつつ、その時々の旬を取り入れた食材で料理を作り出していきます。
そのメニューは実に多彩です。例えば、店主イチオシの燻製盛り合わせ、焼き野菜のマリネや自家製オイルサーディン、ジャガイモとチーズのカリカリ焼きといった前菜から、プロバンス風のポテトサラダ、バーニャカウダといったサラダもの、ヤイトガツオと松茸のレア焼き、国産牛すじのとろとろ赤ワイン煮込みといったメインまで、手頃な価格でしっかり楽しめる品々が勢揃い。店主の出身地・長崎県壱岐にちなんだ一品にも定評あり。日によっては壱岐から届いた鮮魚を使った料理を提供しています。

AKIRAさんは元々、和食、洋食の世界に30年身を置いてきた料理人。そんなAKIRAさんの根源にあるのが「笑顔を作ること」。店に足を運べば、アットホームな雰囲気の中で、元気になれること請け合いです。


【1】壱岐から届いたウニを使ったパスタが登場することも。【2】AKIRAさんは昨年から出張料理人としても活動しています。気になる方は問い合わせを。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

壱岐っ子ダイニング

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目3−24  2F
TEL 092-981-3383
営業時間 18:00〜翌1:00 祝前日は〜翌3:00
定休日 不定
PAGE TOP